野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

V2逸のホークス工藤監督が総括 一問一答「ケガ人が出ると戦力がダウンする」

8日のロッテ戦(ZOZOマリン)を最後に、ソフトバンクは2018年レギュラーシーズンの戦いを終えた。82勝60敗1分で首位の西武に6.5ゲーム差の2位で終わったシーズンを、工藤公康監督が総括した。

ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】

2位に「悔しい気持ちでいっぱい」、後半の追い上げは「強い思いがチームを1つにした」

 8日のロッテ戦(ZOZOマリン)を最後に、ソフトバンクは2018年レギュラーシーズンの戦いを終えた。82勝60敗1分で首位の西武に6.5ゲーム差の2位で終わったシーズンを、工藤公康監督が総括した。

【PR】「DAZN」はCS全試合をライブ中継&ソフトバンク戦見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

――シーズンを終えた今の心境は?

「2位という成績で終わって悔しい思いでいっぱいです」

――2位で終わった要因は?

「ケガ人もいたということも含めて、私自身の力が足りなかったことが要因だと思います。しっかり立て直すために、策を考えたり、ローテーションを考えたりすることもあったんですけど、うまくいくところもうまくいかないところもあったのかなと思います。チームというのはケガ人が出ると戦力がダウンする。そこを補充しようとすると歪みがどうしても出てきてしまう。それを1年間やって痛感しましたし、そこを立て直すのにも時間がかかってしまったと思います」

――後半は非常にいい追い上げを見せたが?

「『勝ちたい』『負けたくない』『優勝したい』という強い思いがチームを1つにして、オリックスさんから始まった3連勝、草薙と東京ドームでの3連勝、そして(福岡に)帰ってきて西武さんに3連戦でしっかり3つ勝つことができた。あそこが僕の中では非常に大きかったですね」

――その間には若手の活躍もあった。

「ケガ人が多い中で、加治屋くんがリリーフ陣を支えてくれたり、森くんもサファテがいないところをしっかりまかなってくれて、最後にはセーブ王を獲るまで頑張ってくれたのが非常に大きいと思いますし、途中からですけど、牧原くんが(1軍に)来たことでチームが波に乗っていけましたので、彼らの活躍なしにはここまで来れなかったのかなと思います」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」