野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 炎上のヤ軍セベリーノ、試合時間勘違い“疑惑”否定 8分前にブルペン入りも…

炎上のヤ軍セベリーノ、試合時間勘違い“疑惑”否定 8分前にブルペン入りも…

ヤンキースは8日(日本時間9日)、本拠地での地区シリーズ第3戦でレッドソックスに1-16で大敗した。第2戦を田中将大投手の好投などで勝利し、敵地で1勝1敗のタイに戻して迎えたヤンキースタジアムでの一戦で、エースのルイス・セベリーノが4回途中7安打6失点2奪三振2四球と炎上。

4回途中6失点でKOされたヤンキースのルイス・セベリーノ【写真:Getty Images】
4回途中6失点でKOされたヤンキースのルイス・セベリーノ【写真:Getty Images】

4回途中6失点でKO、本人は「勘違いはしていなかった」「時間は覚えている」

■レッドソックス 16-1 ヤンキース(日本時間9日・ニューヨーク)

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 ヤンキースは8日(日本時間9日)、本拠地での地区シリーズ第3戦でレッドソックスに1-16で大敗した。第2戦を田中将大投手の好投などで勝利し、敵地で1勝1敗のタイに戻して迎えたヤンキースタジアムでの一戦で、エースのルイス・セベリーノが4回途中7安打6失点2奪三振2四球と炎上。ヤンキースとしてポストシーズンでの球団史上ワースト失点記録を更新する屈辱の敗戦となった。セベリーノはこの日、試合開始8分前にブルペンでの投球練習を開始したため、プレーボールの時間を勘違いしていたとの“疑惑”が浮上しているが、本人は「勘違いはしていなかった」と否定している。

 好投したワイルドカードゲームに続き、重要な一戦を任されたセベリーノだったが、この日は炎上した。3回までに3失点。4回はヒット2本と四球で無死満塁とされ、降板となった。その後、救援陣も打ち込まれてこの回7失点。試合前半で10点差とされたヤンキースは、最終回には捕手のロマインを登板させる屈辱の敗戦。そのロマインがホルトに本塁打を浴び、ポストシーズン史上初のサイクル安打達成を許す“おまけ”付きだった。

 地元テレビ局「YESネットワーク」が公開した試合後のインタビュー映像で「今日は直球がうまく制球できていなかった」と肩を落としたセベリーノ。だが、その後は試合中から話題となっていたある“疑惑”への質問が集中した。

 MLB公式サイトは、この試合を中継していた米テレビ局「TBS」の解説者、ロン・ダーリング氏が、セベリーノが現地時間の午後7時32分になってようやくブルペンで投球練習を開始したと指摘していたことを紹介。「これは試合開始の10分前だ。第3戦の試合時間を把握していなかったようだ」と伝えていた。ワイルドカードゲーム、そして、敵地での地区シリーズ第2戦は現地時間8時15分開始だったが、この試合は同7時40分プレーボールだった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」