野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ヤ軍セベリーノ、8分前に投球練習開始で炎上 専門家は断言「あり得ない」

ヤ軍セベリーノ、8分前に投球練習開始で炎上 専門家は断言「あり得ない」

ヤンキースのエース右腕、ルイス・セベリーノが8日(日本時間9日)の地区シリーズ第3戦、本拠地レッドソックス戦で4回途中7安打6失点2奪三振2四球と炎上した。チームは1-16で大敗し、宿敵にリーグ優勝決定シリーズ進出への王手をかけられたが、試合後はセベリーノが試合時間を勘違いしていたのではないかという“疑惑”の話題で持ち切りに。

地区S第3戦で炎上したヤンキースのルイス・セベリーノ【写真:AP】
地区S第3戦で炎上したヤンキースのルイス・セベリーノ【写真:AP】

米メディアは“時間勘違い疑惑”を大きく取り上げる、本人は「時間は覚えていた」

■レッドソックス 16-1 ヤンキース(日本時間9日・ニューヨーク)

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 ヤンキースのエース右腕、ルイス・セベリーノが8日(日本時間9日)の地区シリーズ第3戦、本拠地レッドソックス戦で4回途中7安打6失点2奪三振2四球と炎上した。チームは1-16で大敗し、宿敵にリーグ優勝決定シリーズ進出への王手をかけられたが、試合後はセベリーノが試合時間を勘違いしていたのではないかという“疑惑”の話題で持ち切りに。エース右腕は開始8分前にブルペン入りしており、専門家は「あり得ない」と断言している。

 0-3で迎えた4回にヒット2本と四球で無死満塁とされたセベリーノは、無念の表情でマウンドを降りた。すると、後を継いだリン、グリーンもつかまり、この回7失点で10点差に。エースの乱調でヤンキースのプランは完全に崩れ、最終回には捕手のロマインを投入するという屈辱の展開で大敗。16失点でヤンキースのポストシーズンワースト記録を更新してしまった。

 セベリーノはこの試合、7時40分の試合開始に向けて8分前の同32分にブルペンに入りし、投球練習を開始した。地元テレビ局「YESネットワーク」では、外野でウォーミングアップしていた右腕が、その4分前の同28分にラリー・ロスチャイルド投手コーチに声をかけられた場面も捉えていた。

 試合後、セベリーノ本人は地元メディアに「勘違いはしていなかったよ。今日のような(大事な)試合では、(試合の開始)時間を覚えているものだからね」と否定。ロスチャイルド投手コーチも時間を勘違いしていたのかとの質問に「CC(サバシア)もブルペンにいる時間は短いし、セビーもいつもかなり短い」と答えた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」