野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • 高校野球
  • 大阪桐蔭、史上初選抜3連覇へ 履正社、明商145キロ1年右腕に注目…近畿大会展望

大阪桐蔭、史上初選抜3連覇へ 履正社、明商145キロ1年右腕に注目…近畿大会展望

14日に行われた大阪大会の決勝、3位決定戦を最後に、秋季近畿地区大会に出場する16校が決定した。16日には組み合わせ抽選が行われ、来春のセンバツを目指す戦いが20日から本格的に始まる。

福知山成美、京都国際の京都勢は強力打線が武器

 近江はキレのあるチェンジアップが武器のエース左腕の林、強肩と勝負強い打撃を見せる有馬の経験値の高いバッテリーが中心だ。今夏の甲子園で7割6分9厘の打率を残した1番の住谷、1年生ながら攻守にまとまりのある土田などポイントゲッターがどう機能するか見ものだ。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 経験者の多さなら智弁和歌山も負けていない。3番・黒川、4番・東妻、5番・根来の中軸は脅威で、同じく前チームから正遊撃手を務める西川は遊撃の守備に一段と磨きがかかった。俊足巧打の1年生の1番・細川の出塁から打線に勢いをつけたい。市和歌山は全チームから正捕手の米田、3番を打つ緒方が打線を引っ張る。南部は新人戦で智弁和歌山を破った攻撃力で、履正社の投手陣にどう立ち向かうか。

 奈良を制した天理も侮れない。この秋の県大会5試合はすべて2ケタ得点。3番に座る攻守の要・北野が柱だ。ライバルの智弁学園をコールドで下した準々決勝では本塁打を放ち、決勝の橿原戦では5打数5安打をマークした。福知山成美、京都国際の京都勢も強力打線が武器。夏の甲子園メンバーからほぼ入れ替わった龍谷大平安は数々の接戦をものにし、近畿大会切符を掴んだ。伝統の粘りと堅守で初戦の天理戦に臨む。

(沢井史 / Fumi Sawai)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」