野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武辻監督が“勝負の一手”で7回一挙4得点 「あそこで勝負あった」

クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ初戦を落としたリーグ覇者・西武。18日に行われた第2戦は、前夜のお返しとばかりに序盤からの猛攻。ソフトバンク投手陣から大量13得点を挙げての大勝で、アドバンテージを含め対戦成績を2勝1敗とした。

18日の試合前に練習に臨んだ西武・外崎修汰【写真:福谷佑介】
18日の試合前に練習に臨んだ西武・外崎修汰【写真:福谷佑介】

12球団最少の48犠打の西武が勝負所で見せた送りバント

■西武 13-5 ソフトバンク(18日・メットライフ)

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ初戦を落としたリーグ覇者・西武。18日に行われた第2戦は、前夜のお返しとばかりに序盤からの猛攻。ソフトバンク投手陣から大量13得点を挙げての大勝で、アドバンテージを含め対戦成績を2勝1敗とした。

 序盤は打ち合いとなったものの、中盤は立ち直った先発・多和田とソフトバンク3番手・高橋礼がともに好投し、なかなか追加点が入らない膠着した展開となった。

 辻監督は「野球あるあるかもしれないが(優勝争いの最中だった)9月のソフトバンク戦でも、こういう展開があった。今日は7回表、2死一、二塁のピンチを切り抜けての得点だったから、あそこで勝負あった」とポイント挙げた。勝敗を分けたのは7回に一挙4点の追加点を奪い、勝負を決めた場面だ。

 この回先頭の森が四球で出塁すると、この日、スタメン復帰した外崎が打席へ。ここまで3打席ノーヒットの外崎に「あそこは1点が欲しかった」と、指揮官は今季12球団最少の48回とシーズン中には多用してこなかった犠打のサインを送った。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」