野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

元南海のスタンカ氏、87歳で死去 NPB通算100勝、昭和中期に燦然と輝く活躍

昭和中期の南海ホークスのエースとして通算100勝を挙げたジョー・スタンカ氏が10月15日に死去した。87歳だった。

スタンカの通算成績
スタンカの通算成績

杉浦忠とともに、ホークスの2枚看板として君臨

 昭和中期の南海ホークスのエースとして通算100勝を挙げたジョー・スタンカ氏が10月15日に死去した。87歳だった。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 スタンカ氏は1931年7月23日、米オクラホマ州に生まれ、オクラホマ農工大を経て1950年にブルックリン・ドジャース傘下のマイナーチームでプロ生活を開始。

 1952年ルール5ドラフトでシカゴ・カブスに移籍。1956年のシーズン前には独立リーグのチームにトレードされるなど、出世は遅かったが、1959年にシカゴ・ホワイトソックスでメジャーデビュー。しかし、2試合(1勝)の登板にとどまり、翌年、旧知のキャピ―原田(日系アメリカ人のスカウト)を通じて南海の鶴岡一人監督に連絡を取り、南海に入団が決定した。

 スタンカは196センチ、96キロという超大型投手。角度のある速球とシュートは日本人打者を寄せ付けなかった。1958年に立教大から入団した杉浦忠とともに南海の2大エースとしてパ・リーグに君臨した。

 ただ、鶴岡一人監督は、MLBがすでにローテーションを導入し、登板間隔を空けていたことに配慮し、スタンカには日本人投手のように連投や救援をさせることはほとんどなかった。そのことも、スタンカの投手寿命を延ばすこととなった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」