野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 運命のドラフト目前、12球団の過去5年の“ドラ1力”は?【パ・リーグ編】

運命のドラフト目前、12球団の過去5年の“ドラ1力”は?【パ・リーグ編】

来たる10月25日、都内のホテルで2018年度のドラフト会議が行われる。今年は、甲子園準優勝で“金農旋風”を巻き起こした吉田輝星投手をはじめ、根尾昂、藤原恭大、柿木蓮、小園海斗と、高校生に注目株がズラリ。大学生でも上茶谷大河、甲斐野央、梅津晃大、松本航といった本格派投手が1位候補に名前が挙がっている。

オリックス・吉田正尚(左)、西武・森友哉【写真:荒川祐史】
オリックス・吉田正尚(左)、西武・森友哉【写真:荒川祐史】

2015年のドラフト1位・西武多和田は16勝を挙げ最多勝を獲得

 来たる10月25日、都内のホテルで2018年度のドラフト会議が行われる。今年は、甲子園準優勝で“金農旋風”を巻き起こした吉田輝星投手をはじめ、根尾昂、藤原恭大、柿木蓮、小園海斗と、高校生に注目株がズラリ。大学生でも上茶谷大河、甲斐野央、梅津晃大、松本航といった本格派投手が1位候補に名前が挙がっている。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 一体、各球団がどの選手に入札し、どれほどの重複指名が生まれるのか。例年、大きな注目を集めるドラフトだが、選手にとって大事になるのは、入団してからの方。高卒選手ならばじっくりと育てられ、3年、5年経った頃に1軍の戦力となってくれることを期待される。一方で大卒や社会人出身の選手は、やはり即戦力として1年目から働くことが期待される。

 では、12球団が過去5年間で指名したドラフト1位の選手たちは今季どれほどの成長を見せ、どれだけ活躍したのだろうか。ドラフト1位をどれだけ戦力として育て上げたのか、各球団の“ドラ1力”を見てみよう。今回はパ・リーグ6球団だ。

◯西武
2013:森友哉(136試合473打数130安打16本塁打80打点 .275)
2014:高橋光成(3試合2勝1敗0セーブ0ホールド 4.50)
2015:多和田真三郎(26試合16勝5敗0セーブ0ホールド 3.81)
2016:今井達也(15試合5勝5敗0セーブ0ホールド 4.81)
2017:齊藤大将(16試合1勝3敗0セーブ1ホールド 7.02)

◯ソフトバンク
2013:加治屋蓮(72試合4勝3敗0セーブ31ホールド 3.38)
2014:松本裕樹(6試合1勝2敗0セーブ0ホールド 3.45)
2015:高橋純平(1試合0勝0敗0セーブ0ホールド 12.00)
2016:田中正義(10試合0勝1敗0セーブ0ホールド 8.56)
2017:吉住晴斗(1軍出場なし)

◯日本ハム
2013:渡邉諒(60試合161打数39安打7本塁打14打点 .242)
2014:有原航平(20試合8勝5敗2セーブ1ホールド 4.55)
2015:上原健太(10試合4勝0敗0セーブ0ホールド 3.13)
2016:堀瑞輝(10試合2勝3敗1セーブ1ホールド 5.86)
2017:清宮幸太郎(53試合160打数32安打7本塁打18打点 .200)

◯オリックス
2013:吉田一将(58試合3勝4敗0セーブ21ホールド 3.83)
2014:山崎福也(7試合0勝1敗0セーブ0ホールド 4.57)
2015:吉田正尚(143試合514打数165安打26本塁打86打点 .321)
2016:山岡泰輔(30試合7勝12敗0セーブ4ホールド 3.95)
2017:田嶋大樹(12試合6勝3敗0セーブ0ホールド 4.06)

◯ロッテ
2013:石川歩(21試合9勝8敗0セーブ0ホールド 3.92)
2014:中村奨吾(143試合552打数157安打8本塁打57打点 .284)
2015:平沢大河(112試合291打数62安打5本塁打32打点 .213)
2016:佐々木千隼(1軍出場なし)
2017:安田尚憲(17試合53打数8安打1本塁打7打点 .151)

◯楽天
2013:松井裕樹(53試合5勝8敗5セーブ11ホールド 3.65)
2014:安楽智大(2試合0勝2敗0セーブ0ホールド 10.13)
2015:オコエ瑠偉(44試合111打数22安打2本塁打6打点 .198)
2016:藤平尚真(14試合4勝7敗0セーブ0ホールド 4.43)
2017:近藤弘樹(9試合0勝2敗0セーブ0ホールド 6.83)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」