野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

運命のドラフト目前、12球団の過去5年の“ドラ1力”は? 【セ・リーグ編】

来たる10月25日、都内のホテルで2018年度のドラフト会議が行われる。今年は、甲子園準優勝で“金農旋風”を巻き起こした金足農の吉田輝星投手をはじめ、大阪桐蔭の根尾昂、藤原恭大、柿木蓮、報徳学園の小園海斗と、高校生に注目株がズラリ。大学生でも東洋大の上茶谷大河、甲斐野央、梅津晃大、日体大の松本航といった本格派投手が1位候補に名前が挙がっている。

広島・野間峻祥(左)、大瀬良大地【写真:荒川祐史、編集部】
広島・野間峻祥(左)、大瀬良大地【写真:荒川祐史、編集部】

2013年のドラフト1位・広島の大瀬良は15勝を挙げ最多勝に輝く

 来たる10月25日、都内のホテルで2018年度のドラフト会議が行われる。今年は、甲子園準優勝で“金農旋風”を巻き起こした金足農の吉田輝星投手をはじめ、大阪桐蔭の根尾昂、藤原恭大、柿木蓮、報徳学園の小園海斗と、高校生に注目株がズラリ。大学生でも東洋大の上茶谷大河、甲斐野央、梅津晃大、日体大の松本航といった本格派投手が1位候補に名前が挙がっている。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 一体、各球団がどの選手に入札し、どれほどの重複指名が生まれるのか。例年、大きな注目を集めるドラフトだが、選手にとって大事になるのは、入団してからの方。高卒選手ならばじっくりと育てられ、3年、5年経った頃に1軍の戦力となってくれることを期待される。一方で大卒や社会人出身の選手は、やはり即戦力として1年目から働くことが期待される。

 では、12球団が過去5年間で指名したドラフト1位の選手たちは今季どれほどの成長を見せ、どれだけ活躍したのだろうか。ドラフト1位をどれだけ戦力として育て上げたのか、各球団の“ドラ1力”を見てみよう。今回はセ・リーグ6球団だ。

◯広島
2013:大瀬良大地(27試合15勝7敗0セーブ0ホールド 2.62)
2014:野間峻祥(126試合405打数116安打5本塁打46打点 .286)
2015:岡田明丈(26試合8勝7敗0セーブ1ホールド 5.09)
2016:加藤拓也(今季1軍出場なし)
2017:中村奨成(今季1軍出場なし)

◯ヤクルト
2013:杉浦稔大(3試合2勝0敗0セーブ0ホールド 2.84)日本ハム
2014:竹下真吾(2017年オフ戦力外)
2015:原樹理(30試合6勝7敗0セーブ1ホールド 3.09)
2016:寺島成輝(1試合0勝1敗0セーブ0ホールド 27.00)
2017:村上宗隆(6試合12打数1安打1本塁打2打点 .083)

◯巨人
2013:小林誠司(119試合265打数58安打2本塁打26打点 .219)
2014:岡本和真(143試合540打数167安打33本塁打100打点 .309)
2015:桜井俊貴(今季1軍出場なし)
2016:吉川尚輝(92試合316打数80安打4本塁打29打点 .253)
2017:鍬原拓也(6試合1勝2敗0セーブ0ホールド 6.83)

◯DeNA
2013:柿田裕太(2017年オフ戦力外)
2014:山崎康晃(57試合2勝4敗37セーブ3ホールド 2.72)
2015:今永昇太(23試合4勝11敗0セーブ4ホールド 6.80)
2016:浜口遥大(19試合4勝5敗0セーブ1ホールド 3.90)
2017:東克樹(24試合11勝5敗0セーブ0ホールド 2.45)

◯中日
2013:鈴木翔太(2試合0勝0敗0セーブ0ホールド 5.19)
2014:野村亮介(2017年オフ戦力外)
2015:小笠原慎之介(17試合5勝6敗0セーブ0ホールド 4.11)
2016:柳裕也(10試合2勝5敗0セーブ0ホールド 5.23)
2017:鈴木博志(53試合4勝6敗4セーブ12ホールド 4.41)

◯阪神
2013:岩貞祐太(23試合7勝10敗0セーブ0ホールド 3.48)
2014:横山雄哉(今季1軍出場なし)
2015:高山俊(45試合128打数22安打1本塁打14打点 .172)
2016:大山悠輔(117試合347打数95安打11本塁打48打点 .274)
2017:馬場皐輔(2試合0勝1敗0セーブ0ホールド 5.19)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」