野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

運命のドラフト目前、12球団の過去5年の“ドラ1力”は? 【セ・リーグ編】

来たる10月25日、都内のホテルで2018年度のドラフト会議が行われる。今年は、甲子園準優勝で“金農旋風”を巻き起こした金足農の吉田輝星投手をはじめ、大阪桐蔭の根尾昂、藤原恭大、柿木蓮、報徳学園の小園海斗と、高校生に注目株がズラリ。大学生でも東洋大の上茶谷大河、甲斐野央、梅津晃大、日体大の松本航といった本格派投手が1位候補に名前が挙がっている。

巨人の岡本は史上最年少で「3割30本100打点」を達成

 セ・リーグでは広島、巨人、DeNAはドラフト1位が着実に1軍の戦力となっている。広島は2013年ドラ1の大瀬良が最多勝を獲得。2014年の野間が準レギュラークラスとなり、2015年の岡田も不本意な成績とはいえ、8勝をマーク。中村はまだまだ育成段階で、現時点での1軍出場を求める必要はないだろう。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 巨人は何と言っても2014年の岡本が4年目で急成長。史上最年少での「3割30本100打点」を達成し、球界を代表する強打者となりつつある。小林が、打撃に関しては物足りないものの、正捕手に。2016年の吉川尚も順調にチームの主力となりつつある。2015年の桜井、そして昨季の鍬原と投手は結果を残せていない。

 DeNAの近年のドラフト1位の活躍は、もはや説明不要。2013年の柿田は昨オフに戦力外となったが、2014年の山崎から今永、浜口、東ときっちりと1軍の戦力となっている。今季は今永、浜口が不振だったものの、4人ともにチームの中核となっている。

 一方で苦戦の色が見えるのが、ヤクルト、中日、阪神だ。ヤクルトは2013年の杉浦が日本ハムへトレードで移籍し、2014年の竹下は昨オフに戦力外。2015年の原はチームに貢献しているものの、やや寂しい。2016年の寺島、2017年の村上と高卒ドラ1の成長を期待したい。

 中日もヤクルトと同様、2014年の野村が昨オフに戦力外に。2013年の鈴木、2015年の小笠原、2016年の柳は1軍でプレーしているものの、より一層の成長を求めたいところ。2017年の鈴木は今季前半はセットアッパー、クローザーとして活躍したが、中盤以降に失速。来季は1年を通した活躍に期待だ。

 阪神は2013年の岩貞がローテの一角を担うまでに成長したが、2014年の横山は今季1軍登板なし。1年目に新人王に輝いた高山はその後は目立った活躍をできていない。大山が今季11本塁打を放っており、来季以降、名実ともにチームの主砲となってもらいたいものだ。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」