野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 運のない巨人と阪神、競合を恐れない日本ハム くじ引きで見るドラフト

運のない巨人と阪神、競合を恐れない日本ハム くじ引きで見るドラフト

いよいよ25日に迫ったプロ野球ドラフト会議。1位指名につきものなのが、重複指名の選手の交渉権を、くじ引きで決めるおなじみの光景だ。当たりくじを引いて“ゴッドハンド”と呼ばれた球団関係者も多いが、過去5年間のドラフト会議での重複指名によるくじ引きの“当選確率”を紐解いてみた。

競合することが予想される藤原恭大・吉田輝星・根尾昂・小園海斗(左から)【写真:荒川祐史】
競合することが予想される藤原恭大・吉田輝星・根尾昂・小園海斗(左から)【写真:荒川祐史】

大瀬良、山崎康など今季タイトルホルダーもくじ引きで入団

 いよいよ25日に迫ったプロ野球ドラフト会議。1位指名につきものなのが、重複指名の選手の交渉権を、くじ引きで決めるおなじみの光景だ。当たりくじを引いて“ゴッドハンド”と呼ばれた球団関係者も多いが、過去5年間のドラフト会議での重複指名によるくじ引きの“当選確率”を紐解いてみた。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! プロ野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 12球団の過去5年間のくじ引きの結果を集計すると、次のようになる。

◯セ・リーグ(カッコ内は当たりを引いた1位指名選手)

広島 当たり2回、外れ3回(2013年大瀬良大地、2017年中村奨成)
ヤクルト 当たり2回、外れ4回(2013年杉浦稔大、2017年村上宗隆)
巨人 当たり0回、外れ5回
DeNA 当たり2回、外れ4回(2013年柿田裕太、2014年山崎康晃)
中日 当たり2回、外れ3回(2015年小笠原慎之介、2016年柳裕也)
阪神 当たり2回、外れ6回(2013年岩貞祐太、2015年高山俊)

 セ・リーグでは、3連覇の広島が2013年に阪神、ヤクルトとの競合で今季最多勝投手・大瀬良大地を引き当てている。もし阪神かヤクルトが当たりくじを引いていたら、もしかしたらセの勢力地図は大きく変動していた可能性もあり、「くじ引き」の行方が、いかにチームの編成に大きな影響を与えているかがうかがえる。

 また、DeNAが2014年に今季セーブ王のクローザー・山崎康晃を阪神との競合で引き当てているのも大きい。この時は、4球団競合の有原航平(現日本ハム)を外した後の指名でまた競合し、DeNAが当たりくじを引いた。阪神は2013年に競合で引き当てた岩貞祐太がプロ5年で24勝、2015年の高山俊が新人王を獲得したが、伸び悩んでいる印象もある。くじでは過去5年で当たり2回、外れ6回と運がない。6年前の2012年には藤浪晋太郎を4球団競合の末引き当てているが、そろそろ当たりを引きたいところだ。

 巨人は当たりなしの5回外れと全くくじ運に恵まれていない。単独指名が続いたこともあるが、1位の重複指名で当たりを引いたのは、2008年にソフトバンクとの競合で大田泰示(現日本ハム)を引いて以来10年間ない。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」