野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

独立リーグ新球団「堺シュライクス」がトライアウトを実施 「選手の夢と向き合います」

2019年度からBFL(ベースボールファーストリーグ)に加入予定の新球団・堺シュライクスが、11月9日、大阪市でトライアウトを実施する。

来季からBFLに加入予定の堺シュライクスがトライアウトを実施【画像:球団提供】
来季からBFLに加入予定の堺シュライクスがトライアウトを実施【画像:球団提供】

11月9日に大阪・南港中央野球場でトライアウトを開催

 2019年度からBFL(ベースボールファーストリーグ)に加入予定の新球団・堺シュライクスが、11月9日、大阪市でトライアウトを実施する。

【開催日時】
2018年11月9日・12時30から(受付11時30)

【開催場所】
南港中央野球場(大阪府大阪市住之江区南港東8-5-132)

■トライアウト応募資格

〇高校生は、トライアウトの前日までに、所属都道府県高等学校野球連盟に所属高校を通じて「プロ野球志望届」を提出、もしくは所属クラブを退部している必要あり。

〇大学生はトライアウト前日までに、所属する大学連盟に「プロ野球志願届」を提出、もしくは所属クラブを退部している必要あり。

〇日本野球連盟所属(JABA)の社会人野球、クラブチームに選手登録している者は、トライアウト日までに所属球団の代表者よりトライアウト受験の承諾を得ること。

〇独立リーグ等の元プロ野球選手は退団証明書を提出。

 堺シュライクスは、堺市を本拠地とする市民球団。監督にはPL学園高、近畿大学から近鉄、オリックス、横浜、ソフトバンクでプレーした大西宏明氏が就任。コーチには、上宮太子高から横浜、楽天で投げた藤江均氏が就任する。

 堺シュライクスを運営する、株式会社つくろう堺市民球団の夏凪一仁代表は「まだ立ち上がったばかりの球団ですが『夢を全力で追える場所。そして、夢を心から諦められる場所』を提供することだけは全力を尽くすことをお約束いたします。NPB入団を夢に掲げる選手は、全力で目指しましょう。野球に未練を残したくないという選手は『もうやりきった』と思えるまで、一緒に野球をしましょう。どんな入団動機があるにせよ、私たちは1人1人の選手の夢と向き合います」とコメントを発表した。

(広尾晃 / Koh Hiroo)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」