野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

12球団ドラフト診断 高評価はロッテ&中日、西武も上々 かたや阪神は…

2018年の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」は25日、都内のホテルで行われ、支配下83選手、育成21人の計104人が指名を受けた。ドラフト1位では4球団競合の根尾昂は中日、同じく4球団競合の小園海斗は広島、3球団競合の藤原恭大はロッテが抽選の末に交渉権を獲得した。

注目の根尾昂(左)は中日が、藤原恭大(右)はロッテが交渉権を獲得【写真:荒川祐史】
注目の根尾昂(左)は中日が、藤原恭大(右)はロッテが交渉権を獲得【写真:荒川祐史】

松本を一本釣りの西武、小園指名の広島は方向性が見える

 2018年の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」は25日、都内のホテルで行われ、支配下83選手、育成21人の計104人が指名を受けた。ドラフト1位では4球団競合の根尾昂は中日、同じく4球団競合の小園海斗は広島、3球団競合の藤原恭大はロッテが抽選の末に交渉権を獲得した。

【一覧】2018年プロ野球ドラフト会議 各球団指名選手一覧

 1位指名でまず重複したのは上記の3人。12球団のうち11球団がこの3人のいずれかに入札し、“一本釣り”の単独指名に成功したのは、松本航を指名した西武のみ。“外れ1位”でも辰己涼介にソフトバンク、巨人、阪神、楽天の4球団が競合。各球団2度目の抽選では、楽天が“当たりクジ”を引き当てて、交渉権を確定させた。

 支配下の指名で最も少なかったのは巨人、DeNA、中日、阪神の6選手、最多でもヤクルト、ロッテ、楽天の8選手。5球団は7選手の指名だった。ここでは12球団の補強ポイントに照らし合わせ、今ドラフトの指名を検証してみよう。

 まず真っ先に高く評価できるのは、それぞれ抽選で根尾、藤原を引き当てた中日とロッテだ。

 ロッテは公表していた通りに藤原を1位で指名し、井口資仁監督が見事、交渉権を引き当てた。熱望していたスピードとパワーを兼ね備えた高校ナンバーワン外野手を指名しただけでなく、2位で東妻勇輔、3位で小島和哉と即戦力の左右両腕を指名。4位と6位で山口航輝、古谷拓郎と高校生投手2人、5位で中村稔弥の大学生左腕と指名した。

 中日は準地元の岐阜出身の根尾昂を1位で指名。今ドラフト最多タイの4球団競合となったが、与田剛新監督が抽選を引き当てて“意中の恋人”を射止めた。さらに、2位で梅津晃大、3位で地元・三菱重工名古屋の勝野昌慶と即戦力の右腕2人を指名し、課題だった投手陣を補強した。この2球団は上々のドラフトとなったのではないか。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」