野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

12球団ドラフト診断 高評価はロッテ&中日、西武も上々 かたや阪神は…

2018年の「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」は25日、都内のホテルで行われ、支配下83選手、育成21人の計104人が指名を受けた。ドラフト1位では4球団競合の根尾昂は中日、同じく4球団競合の小園海斗は広島、3球団競合の藤原恭大はロッテが抽選の末に交渉権を獲得した。

日本ハムから1位指名を受けた吉田輝星【写真:篠崎有理枝】
日本ハムから1位指名を受けた吉田輝星【写真:篠崎有理枝】

日本ハムは吉田、野村佑、万波、柿木と“甲子園のスター”を指名

 今季、それぞれリーグを制した西武と広島も方向性が見えるドラフトだった。

【一覧】2018年プロ野球ドラフト会議 各球団指名選手一覧

 西武は一本釣りで松本航を指名。補強ポイントとされていた即戦力投手の単独指名に成功した。4位で粟津凱士、6位で森脇亮介とこちらも即戦力として期待する投手も指名。浅村のFA移籍の可能性がある内野手には3位で山野辺翔を指名し、7位には山川や外崎、多和田を輩出した“得意”の富士大から内野手の佐藤龍世も指名した。

 広島は小園海斗を競合の末に獲得。将来的な菊池、田中の後継者候補の指名に成功した。2位では島内颯太郎という即戦力投手を加えた。3位以下は林晃汰、中神拓都、田中法彦と高校生を次々に指名し、将来性を重視した指名に。今季3連覇しているように現有戦力はリーグナンバー1で、数年先もしっかりと見据えたドラフトだったといえる。

 大きな注目を集めていた吉田輝星投手を指名したのは日本ハム。根尾を外したものの、“外れ1位”で単独指名に成功。2位では右の大砲候補である野村佑希、4位で万波中正、5位で柿木蓮と、昨年の清宮幸太郎に続く“甲子園のスター”を続々と指名。3位では即戦力投手の生田目翼も指名できており“らしい”ドラフトだった。

 DeNAは小園を抽選で外し、“外れ1位”で上茶谷大河を指名。ヤクルトとの競合となったが、抽選で引き当てた。近年、即戦力投手が入団し活躍しているだけに上茶谷にも期待だ。2位では強打の二塁手である伊藤裕季也を指名。チームの補強ポイントの二遊間を補強した。同じく小園を外したオリックスは、小園と同じ遊撃手の太田椋を指名。“ポスト安達”の候補をチームに加え、2位では長打力のある頓宮裕真、そして3位、4位で荒西祐大、富山凌雅と即戦力投手を補った。

 楽天は藤原を外したものの、同じ外野手の辰己を“外れ1位”の4球団競合の末に引き当てた。辰己をはじめ、2位の太田光、4位の弓削隼人、6位以下の渡辺佳明、小郷裕哉、鈴木翔天と大学、社会人を中心に指名した。根尾、上茶谷を連続で外したヤクルトは即戦力の清水昇を“外れ外れ1位”で指名。大学生3人、高校生3人、社会人2人と満遍ない指名だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」