野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • NY紙が“白旗”!? アンドゥハーは新人王争いで「アメージング大谷に及ばない」

NY紙が“白旗”!? アンドゥハーは新人王争いで「アメージング大谷に及ばない」

ルーキーイヤーにメジャーリーグで二刀流センセーションを巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平投手。投打の活躍でア・リーグ新人王争い有力候補と現地で報じられている。そんな中、昨オフの争奪戦でヤンキースを選ばなかったことから大谷に対して厳しい報道を続けていたニューヨークメディアも、ついに“白旗”。ヤンキースの誇る2大新人について「新人王争いはアメージング・オオタニに及ばない」と伝えている。

「アメージングなショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」

「ア・リーグ新人王は11月12日に発表される。ここではヤンキースのミゲル・アンドゥハーとグレイバー・トーレスはアメージングなエンゼルスのショウヘイ・オオタニに及ばないと断言する」

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 寸評では二刀流のスターの勝利をまさかの「断言」。大谷は打者としては104試合出場で打率.285、22本塁打、61打点、10盗塁、投手としては10試合登板で4勝2敗、防御率3.31と二刀流で好成績を残したことが高く評価されている。

 昨オフの大谷争奪戦の際、米メディアは当初、ヤンキースが移籍先の最有力候補と予想していた。しかし、蓋を開けてみれば、“書類選考”で落ち、ロサンゼルスで行われた面接にも招待されず。ヤンキースファンは大谷にブーイングを浴びせ、NYメディアも一貫して厳しい報道を続けていた。しかし、右肘靭帯損傷を抱えながらも終盤戦にホームランを連発した大谷について、「ニューヨーク・ポスト」は改めて「アメージング」と称賛している。

 通常のシーズンなら新人王受賞の可能性が高かったアンドゥハーとトーレス。しかし、辛辣なNYメディアは2人の賞レース“敗戦”と大谷の素晴らしさをついに認めた格好となった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」