野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 戦力外通告を受けたスター選手たち かつて規定打席・規定投球回到達も…

戦力外通告を受けたスター選手たち かつて規定打席・規定投球回到達も…

2018年のプロ野球は開催中の日本シリーズを残すのみとなったが、レギュラーシーズン終盤からポストシーズンの期間は、戦力外通告の期間でもある。第1次通告期間はすでに10月1日~12日までで終わり、現在は第2次通告期間中。今年は一時代を築いた選手の引退が多いが、戦力外通告を受けた選手の中にも、かつては主力として活躍した選手も数多い。ここで、1シーズンでも規定打席・規定投球回に達したことがありながら、戦力外通告を受けた選手を見てみよう。

戦力外通告を受けたヤクルト・成瀬、阪神・西岡、ヤクルト・由規【写真:荒川祐史】
戦力外通告を受けたヤクルト・成瀬、阪神・西岡、ヤクルト・由規【写真:荒川祐史】

盗塁王・聖澤、首位打者・西岡にも無情の通告

 2018年のプロ野球は開催中の日本シリーズを残すのみとなったが、レギュラーシーズン終盤からポストシーズンの期間は、戦力外通告の期間でもある。第1次通告期間はすでに10月1日~12日までで終わり、現在は第2次通告期間中。今年は一時代を築いた選手の引退が多いが、戦力外通告を受けた選手の中にも、かつては主力として活躍した選手も数多い。ここで、1シーズンでも規定打席・規定投球回に達したことがありながら、戦力外通告を受けた選手を見てみよう。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

◯聖澤諒(楽天)

 2007年大学・社会人ドラフト4巡目で楽天に入団。全盛期は、チャンスメーカーとして不可欠な選手で、1、2番の上位はもちろん、下位打線でも他球団にとってはうるさい存在だった。

 3年目の2010年に、577打席517打数150安打、打率.290、6本塁打43打点をマーク。以降、2013年まで4年連続で規定打席をクリアし、12年には54盗塁で球団にとっても初となる盗塁王に輝いた。しかし、14年以降は出場機会が半減。昨年は4年ぶりに100試合を超える111試合に出場したが、代走や守備固めでの出場も多く、試合数の割に打席数は252にとどまり、今季は27試合69打席で打率.194、本塁打0、2打点に終わっていた。

 2015年には927試合連続守備機会無失策というNPB記録を樹立。2013年、球団初のパ・リーグ制覇と日本シリーズ優勝にも貢献したが、通算200盗塁まであと3個、11月3日に33歳の誕生日を迎える直前に無情の戦力外通告を受けた。

◯細川亨(楽天)

 2001年自由獲得枠で西武に入団。強肩好打の捕手として活躍した。松坂大輔らが活躍した時代の西武投手陣を巧みなリードで支え、バッティングでも、打率は高くなかったが、バントの構えからのヒッティングなど意表を突くしぶとい打撃を持ち味とし、07年、08年と規定打席に到達。08年にはキャリアハイの16本塁打をマークするなど、パンチ力もあった。

 その後、10年オフに国内フリーエージェント(FA)権を行使してソフトバンクに移籍。同年、14年の日本一に正捕手として貢献した。しかし、15年以降は故障に悩まされ、甲斐、高谷らの台頭もあって出場機会が激減。16年オフにコーチ就任を打診されたが、現役にこだわり、自由契約となって楽天に移籍した。

 しかし昨年は20試合、今年はわずか2試合の出場に終わり、再び戦力外通告を受けた。

◯西岡剛(阪神)

 02年ドラフト1巡目でロッテに入団。2年目の04年から頭角を現し、2005年には41盗塁をマークしてパ・リーグ最年少記録の21歳で盗塁王を獲得した。以来、06年には2年連続盗塁王を獲得、10年には.346で首位打者を獲得。ロッテ在籍中の05年~10年までと、MLBツインズから国内へ復帰し阪神へ移籍した13年の7シーズンで規定打席に到達し、06年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)と08年北京五輪で日本代表としてもプレーした。

 11年、MLBのツインズに移籍するが、走者と交錯して左足を骨折するなどの故障もあり、2年目はシーズンのほとんどをマイナーで過ごし、13年に阪神から国内復帰。復帰初年こそ「1番・二塁」として打率.290、144安打を放つ活躍を見せたが、その後は故障に悩まされて出場機会が減少。16年には左アキレス腱を断裂する重傷を負い、17年は32試合、18年は25試合の出場にとどまっていた。10月1日に戦力外通告を受けたが、球団発表前に本人が自身のインスタグラムでその事実を明らかにした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」