野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷とトラウトは「地球上で最も優れた2人」 米解説者が“最強コンビ”を絶賛

大谷とトラウトは「地球上で最も優れた2人」 米解説者が“最強コンビ”を絶賛

エンゼルス大谷翔平は、打席に入る、あるいはマウンドに立つと「何かやってくれる」という期待感を抱かせる選手だ。それは、MLBのスター選手の資質だと、エンゼルス戦テレビ中継の解説者をつとめたMLB132勝のエンゼルスOB、マーク・グビザ氏は言う。

エンゼルス・大谷翔平(左)とマイク・トラウト【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平(左)とマイク・トラウト【写真:Getty Images】

何かやってくれる期待感を持たせてくれる大谷、ボー・ジャクソンらと同じ資質

 エンゼルス大谷翔平は、打席に入る、あるいはマウンドに立つと「何かやってくれる」という期待感を抱かせる選手だ。それは、MLBのスター選手の資質だと、エンゼルス戦テレビ中継の解説者をつとめたMLB132勝のエンゼルスOB、マーク・グビザ氏は言う。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 DAZNではオフの新番組「Home of Baseball」の配信を2日から開始。第1回は大谷の特集で、投手編(2日から)、野手編(9日から)に分けてルーキーイヤーを様々な角度から分析している。日米通算2148安打、484本塁打のアンドリュー・ジョーンズ氏、エンゼルスOBで現在はオリックスのシニアアドバイザーを務める長谷川滋利氏、元レイズ(デビルレイズ)の岩村明憲氏らが登場する中、グビザ氏は大谷が周囲に与えている有形無形の影響、スター性について語っている。

 グビザ氏は大谷に何度かインタビューをしたこともあるが、あまり野球のことは話さないそうだ。仲良しのチームメートは投手陣だとアンドリュー・ヒー二―、野手だとアストロズにトレードされた捕手のマーティン・マルドナード、そしてチームの支柱であるマイク・トラウトだという。トラウトと大谷のコンビは、グビザ氏も「素晴らしいことです。私は地球上で最も優れた2人の選手を、1試合で同時に見ることができるのです。特に2人が打順で、2番と3番、あるいは3番と4番というように、並んで打つのを見られるなんてね。見ていて本当に楽しい打順ですよ」と、ファン目線で熱く語る。

 グビザ氏は現役時代に在籍したロイヤルズで、ボー・ジャクソンやジョージ・ブレットといったスーパースターとともにプレーしている。彼らが練習を始めると、自分がどこで何をしていても、見惚れるばかりだったという。

「彼らが打席に入ると、全員動きを止めたものでした。何をしていてもね。とにかく彼らの動きを見る。今、同じことがオオタニとトラウトのコンビに言えます。バッティングをしていても、ピッチングをしていてもね。私は動きを止める。私は彼らのプレーを見ることができてとても幸せです。バッティング練習中も同じで、彼らの練習を見るために私はフィールド内を走っていくんです」

 現役時代にともにプレーしたスーパースターたちと同じスーパースターの資質を、大谷とトラウトから感じている。

 特に、大谷の打撃練習を見るのは楽しみだという。今シーズン、ロッキーズとの交流戦で、高地にあって空気が薄く、ボールがよく飛ぶことで有名なデンバーのクアーズ・フィールドでの打撃練習では、ポンポンと3階席までボールをかっ飛ばした。「これまで、そんな選手を見たことがなかった。みんな、唖然として驚いていました。だから、ビジター球場にも練習を見に来るお客さんが大勢いるんです。それは、私の時代で言うとマ―ク・マグワイアやホセ・カンセコ、ボー・ジャクソンのバッティング練習と同じです」というほど、その飛距離とパワーに惚れ込んでいる。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」