野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 先発投手の“責任”QSランキング 沢村賞・巨人菅野を抑えて1位に輝いたのは?

先発投手の“責任”QSランキング 沢村賞・巨人菅野を抑えて1位に輝いたのは?

QS(Quality Start)は、先発投手が6回以上を投げて自責点3以下を記録することを言う。MLBで考案され、先発投手の最低限の責任とされる。今季、両リーグのQSの状況を見ていこう。

巨人・菅野智之【写真:Getty Images】
巨人・菅野智之【写真:Getty Images】

チーム別QSではパ・リーグでオリックス、セ・リーグは巨人が1位

 QS(Quality Start)は、先発投手が6回以上を投げて自責点3以下を記録することを言う。MLBで考案され、先発投手の最低限の責任とされる。今季、両リーグのQSの状況を見ていこう。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 まずはチームのQS数。

◯パ・リーグ
1オリックス 143試合75QS(QS率52.44%)
2西武 143試合73QS(QS率51.05%)
3日本ハム 143試合70QS(QS率48.95%)
3楽天 143試合70QS(QS率48.95%)
5ロッテ 143試合66QS(QS率46.15%)
6ソフトバンク 143試合65QS(QS率45.45%)

 オリックスが75QSで1位、続いて西武。ソフトバンクがは今季、規定投球回数に達した投手がいなかったが、QS数も最低だった。

◯セ・リーグ
1巨人 143試合72QS(QS率50.35%)
2中日 143試合70QS(QS率48.95%)
3阪神 143試合65QS(QS率45.45%)
3広島 143試合65QS(QS率45.45%)
5ヤクルト 143試合58QS(QS率40.56%)
6DeNA 143試合45QS(QS率31.47%)

 巨人が1位、DeNAは12球団でも極端に少ない48QS。DeNAは先発に頼らず、継投策でペナントレースを戦ったことが分かる。こうしてみるとQS数は、チームの強さの指標ではなく、チームの投手政策の違いを表す指標だということが分かる。QS率が高いチームは先発投手への依存度が高く、低いチームは救援投手への依存度が高いと言えそうだ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」