野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

“松坂世代”大西監督率いる「堺シュライクス」がトライアウト開催 39名が参加

11月9日、来季から独立リーグBFL(ベースボールファーストリーグ)に参加する新球団「堺シュライクス」のトライアウトが大阪市南港中央野球場で行われた。当日は朝から雨天で、実施が危ぶまれたが、午後には雨も上がり、関係者を安堵させた。

堺シュライクスを率いる大西宏明監督【写真:広尾晃】
堺シュライクスを率いる大西宏明監督【写真:広尾晃】

合否の結果は1週間以内に選手個別に伝えられる

 11月9日、来季から独立リーグBFL(ベースボールファーストリーグ)に参加する新球団「堺シュライクス」のトライアウトが大阪市南港中央野球場で行われた。当日は朝から雨天で、実施が危ぶまれたが、午後には雨も上がり、関係者を安堵させた。

 トライアウト参加者は、投手19人、野手20人の合計39人。関西圏だけでなく、関東地方など他地方からも参加。ウォームアップの後、グラウンドでは打撃、守備のテストが行われた。投手陣は、室内のブルペンで投球のテストが行われた。

 グラウンドでは、松坂世代で、PL学園、近畿大学から近鉄、2002年ドラフト7巡目で近鉄に入団、以後、オリックス、横浜、ソフトバンクで外野手として活躍した大西宏明監督が厳しい表情で選手たちを見つめた。

 ノックを受ける選手たちは明るく声を出していたが、なかには緊張のためか体の動きが固い選手もいた。ブルペンでも上宮太子高、NOMOベースボール倶楽部、東邦ガスから2008年ドラフト2位で横浜に入団、楽天でも投げた藤江均投手コーチが、リスト表を手に投球を見つめていた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」