野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

プロ1年目から活躍の源田&藤岡 トヨタ自動車時代の恩師が語る2人の資質

2016年の都市対抗野球大会、2017年の日本選手権で優勝し、社会人野球の名門として知られるトヨタ自動車。今年のドラフトでは富山凌雅投手がオリックスから4位指名を受けたが、2016年にはドラフト3位で西武に源田壮亮内野手が、2017年にはドラフト2位でロッテに藤岡裕大内野手が入団した。そして、源田が2017年に新人王を獲得すると、藤岡はプロ1年目の今季全試合出場を果たした。プロの舞台でも即戦力として存在感を見せる両選手は、どんな社会人時代を過ごしていたのか。2016年からチームを率いる桑原大輔監督に聞いた。

トヨタ自動車OBの西武・源田壮亮(左)とロッテ・藤岡裕大【写真:荒川祐史】
トヨタ自動車OBの西武・源田壮亮(左)とロッテ・藤岡裕大【写真:荒川祐史】

源田の守備に驚き「難しい打球が飛んでも、なぜかそこにいる」

 2016年の都市対抗野球大会、2017年の日本選手権で優勝し、社会人野球の名門として知られるトヨタ自動車。今年のドラフトでは富山凌雅投手がオリックスから4位指名を受けたが、2016年にはドラフト3位で西武に源田壮亮内野手が、2017年にはドラフト2位でロッテに藤岡裕大内野手が入団した。そして、源田が2017年に新人王を獲得すると、藤岡はプロ1年目の今季全試合出場を果たした。プロの舞台でも即戦力として存在感を見せる両選手は、どんな社会人時代を過ごしていたのか。2016年からチームを率いる桑原大輔監督に聞いた。

 源田は愛知学院大からトヨタ自動車に入社。桑原監督は源田のプレーを見た時、守備のうまさに驚いたという。

「足が速いのは知っていたのですが、守備も素晴らしかった。トヨタに入ってからも練習後に必ずコーチのノックを受けて、守備力の向上に努めていました。難しい打球が飛んでも、なぜかそこにいる。事前の予測にも長けているんだと思います」

 西武では2番を任されているが、トヨタでは9番を打っていた。しかし、バッティングが劣るとは思っていなかったと話す。

「トヨタでもいいところで打っていました。社会人野球は負けたら終わりの大会が多い。チーム事情で打順を組んでいます。足が速いので塁に出てもらうため、セーフティーバントの指示もよく出していましたが、本当にうまいのでチームの勝利に貢献してくれていました」

 源田は2017年に新人王を獲得し、今シーズンはゴールデングラブ賞も受賞。さらにプロ1年目の開幕戦からフルイニング出場を続けている。その能力を熟知する桑原監督でさえ、ここまでの活躍は予想していなかったと驚きを隠せない様子だ。

「もともと体は強かったですが、連続でフルイニング出ているということはすごいですね。プロは、怪我で試合に出られないことが一番辛いはず。怪我をしないことは、とてもいいことだと思います。これからも記録を伸ばしていってほしいと思います」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」