野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ井口監督、独占インタで明かした1年目の手応え「ピースほとんどなかったが…」

就任1年目のシーズンをリーグ5位で終えたロッテ井口資仁監督。チームスローガン「マクレ」を掲げ、開幕からAクラス入りを争ったが、シーズン終盤に失速してしまった。攻撃面では、西武に次ぐ12球団2位の124盗塁を記録した一方で、本塁打数は12球団最少の78本。投手陣は、先発がクオリティスタート(QS、6回以上を投げて自責3以下)率46.15%と低く、救援投手に負担をかけた。収穫と課題が見えた2018シーズンを終え、井口監督は何を感じ、何を思うのか。Full-Countの独占インタビューで明かした監督の本音を全4回でお届けする第1弾だ。

Full-Countの独占インタビューに応じたロッテ・井口監督【写真:佐藤直子】
Full-Countの独占インタビューに応じたロッテ・井口監督【写真:佐藤直子】

現役引退から即就任「中に入って分かったことも多かった」

 就任1年目のシーズンをリーグ5位で終えたロッテ井口資仁監督。チームスローガン「マクレ」を掲げ、開幕からAクラス入りを争ったが、シーズン終盤に失速してしまった。攻撃面では、西武に次ぐ12球団2位の124盗塁を記録した一方で、本塁打数は12球団最少の78本。投手陣は、先発がクオリティスタート(QS、6回以上を投げて自責3以下)率46.15%と低く、救援投手に負担をかけた。収穫と課題が見えた2018シーズンを終え、井口監督は何を感じ、何を思うのか。Full-Countの独占インタビューで明かした監督の本音を全4回でお届けする第1弾だ。

――1年を戦い終えて、率直な感想を教えて下さい。

「やっぱり夏以降の失速っていうのがね。怪我人が出て、そこでやっぱり層の厚さの必要性を感じたシーズンでしたね」

――監督1年目。まずは1シーズンを戦い、勝利を目指す中でも、戦力の見極めを図る1年だったのでは。

「去年までフルで(試合に)出た選手がほとんどいない中で、今年はいろんなポジションに当てはめていって、いい時も悪い時も1年間乗り切らせるというのが目標だった。そこで取っ替えひっかえしていたら、元も子もない。やっぱり『この選手だ』と思った選手は1年間ちゃんとレギュラーとして使い続けて、それでどういう風に彼らが感じるかっていうのを、今年は求めていました。

 そういう意味では、今年は井上(晴哉)だったり、中村(奨吾)だったり、藤岡(裕大)だったり、田村(龍弘)もそう。全試合に出て、しっかり機能した。そこに、ベテランとか中堅、例えば(鈴木)大地だったりがいて……。今までパズルのピースがほとんどなかった状態だったのが、今季を終えてピースとしてしっかりハマるようになってきた。これからの球団のドラフトを含めた戦略だったり、3年後、5年後に球団がどうしていこうっていう、ある程度のスタートラインができたっていう1年でしたね」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」