野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 元ハム助っ人ケッペルの激動人生 癌の父サポートのため引退「家族が優先」

元ハム助っ人ケッペルの激動人生 癌の父サポートのため引退「家族が優先」

2010年から4シーズンにわたり、日本ハムで活躍したボビー・ケッペル投手。来日1年目にいきなり12勝をマークすると、2年目の2011年には26試合に先発して14勝をあげた。3年目、4年目は右肩の故障に苦しんだが、温厚で誠実な人間性からファンからも愛された助っ人だった。

2014年のスプリングトレーニング前、父の癌が発覚

 2014年のスプリングトレーニング直前に起きた出来事も、記事内でケッペルが回想している。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「父が1982年に造園事業を始めた。2014年初めに癌と診断されるまで、彼が主に1人で経営してきた。その年のスプリングトレーニングに参加する前、彼は大丈夫、なんとかするよと言っていた。その少し後、治療がよりアグレッシブになった。彼は僕の力だ必要だと言った。だから、プロ野球選手としての最後に投げたのが(日本で)空振り三振を奪った93マイルの直球になった。翌日、妊娠6か月の妻と3人の子供と一緒に実家に帰った」

「日本で4シーズン過ごし、スキルを磨いた。投球だけでなく、先発投手としての技術を磨いた。レッズでローテーションの座を獲得するために、スプリングトレーニングに参加する準備は万端だった」

 父親のため、家族のために、現役を退く決断を下したケッペル。当時の決断を「難しくなかった。メジャーリーグの先発投手になりたかったが、家族が優先だった。信じられないかもしれないが、とても簡単な決断だったよ。時が経つにつれ、時々まだプロ野球選手だったらどうだっただろうと思うこともあるが、それでも個人の野心よりも家族が大事だということは分かっている」と振り返ったケッペル。日本ハムを退団し、アメリカに戻った後、家族のために生きる人生を選んでいた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」