野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリ・アルバースが地元ラジオで語る…韓国の経験とマシソンの存在が成功要因

オリックスでの1シーズン目を終え、帰国中のカナダ出身左腕アンドリュー・アルバース投手が、地元ラジオ局「スポーツネット」の番組に出演。日本の野球事情や、大阪での生活について語った。

オリックスのアンドリュー・アルバース【写真:荒川祐史】
オリックスのアンドリュー・アルバース【写真:荒川祐史】

前半戦の活躍が認められ、来季から2年契約

 オリックスでの1シーズン目を終え、帰国中のカナダ出身左腕アンドリュー・アルバース投手が、地元ラジオ局「スポーツネット」の番組に出演。日本の野球事情や、大阪での生活について語った。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 NPB1年目、アルバースは9勝2敗、防御率3.08の成績をマーク。2桁勝利にこそ届かなかったものの、変化球をコーナーに散らし打たせて取る老かいなピッチングを見せ、オリックスの先発投手陣を支えた。

 7月にはオールスターゲームにも出場したが、8月に腰を痛めて戦線離脱。復帰できないままシーズンを終えたが、球団はそれまでの投球内容と真面目な性格を評価して来季からの2年契約を結んだ。本人もホッとした様子で語った。

「来季プレーするチームが決まっていなくて、健康面で不安があると思われる可能性がありました。幸運なことに、契約を延長することができ、来季プレーするチームが決まっていることには少し安心感がありますが、それに甘んじてはいません。オフに可能な限りベストな状態になれるようにし、この球団の一員として成功に貢献したいです。この先数年このチームでプレーすると分かっているので、どのような形でも貢献したいです」

 アルバースは2014年、韓国のハンファ・イーグルスに1シーズンだけ在籍したことがある。アジアの野球を経験していたことは、今回の日本行きにも役に立ったという。

「新しいチームに行く時は、いつでも難しいです。今までプレーしたことのない国に行く時は特にです。2014年に韓国でプレーしたことが大変役立っています。そのシーズンはうまくいきませんでしたが、簡単に思えることが、外国では簡単ではないということを知ることができました。捕手とのコミュニケーション、コーチとのコミュニケーションもです」

 同じカナダ出身の選手、特に2013年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)カナダ代表でチームメートだった巨人・マシソンと情報交換をしたことも、早いうちにNPBに慣れることができた要因だ。

「できる限り(日本、NPBの)情報が欲しかったんです。間違いなく、マシソンはかなり助けになってくれました。一緒にランチを食べたりしました。彼がいろいろと教えてくれたので、心構えができました」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」