野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 西武
  • 西武秋山が来季へ気合「『抜けたからしょうがない』と思う奴は1人もいない」

西武秋山が来季へ気合「『抜けたからしょうがない』と思う奴は1人もいない」

西武の秋山翔吾が3日、2億3490万円プラス出来高払いで来季の契約を更改した(金額は推定)。2016年に3年契約を結んでおり、来季が最終年となる。

契約更改に臨んだ西武・秋山翔吾【写真:上岡真里江】
契約更改に臨んだ西武・秋山翔吾【写真:上岡真里江】

炭谷、浅村、菊池が抜ける来季は「僕にとっては新たな挑戦」

 西武の秋山翔吾が3日、2億3490万円プラス出来高払いで来季の契約を更改した(金額は推定)。2016年に3年契約を結んでおり、来季が最終年となる。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 今季は4年連続で全試合フルイニング出場を果たし、195安打で2年連続2度目の最多安打のタイトルを獲得。リーグ2位の打率323、本塁打24、打点82と、申し分のないハイレベルな数字を残した。球団から「フルイニングに出ながら数字を残してくれた。高く評価している」との賛辞を受け、「優勝という形で応えられて良かった」と話した。さらに、ゴールデングラブ賞、ベストナインに選出され、「選んでいただいた方がいるからこそ獲得できた賞。その人たちに応えられる仕事をしていくために、レベルを上げていきたい」と、一層の進化を誓った。

 秋には侍ジャパンのメンバーとして日米野球に出場し、メジャーリーガーとも対戦。「投手の球が単純に強い。テイクバックの小ささなど、日本の投手ではなかなか体験できない(時速)145キロ、150キロだったので、すごくいい勉強になった。今後、クイックで投げてくる投手や強い球を投げる投手、外国人投手など、シーズン中にも生きてくることも出てくるのかなと思います」と話し、確実に引き出しを増やしたようだ。

 また、来季のテーマとして、色紙に『挑戦』と記した。その真意を、次のように話す。

「同じチームで、同じメンバーでやるのだとしたら、“連覇”とか“日本一”とか書くと思うのですが、(炭谷銀仁朗、浅村栄斗、菊池雄星という)あれだけ中心にいた選手が抜けていくというのは、僕にとっては新たな挑戦のシーズンになると思う。若手にチャンスというよりも、みんなにチャンスだと思う。今年レギュラーで出ていた選手が、今年のようにいい成績が出せるとも限らない。そういう意味で、今まで通りやればいいというのでは(優勝は)できない。僕も、数字をまだ伸ばすとか、チームのいろいろな選手と対話していくことをさらにやっていかないといけないと思うので、『挑戦』かなと。正直、違うチームになっている。そういう意味では、また上の、強いチームとぶつかって、どれぐらいやれるかというのを試されるシーズンかなと思います」

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」