野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 海外
  • 日本ハムと契約した王柏融 台湾の人気球団ラミゴとは?【チーム・スタジアム編】

日本ハムと契約した王柏融 台湾の人気球団ラミゴとは?【チーム・スタジアム編】

日本ハムは7日にポスティングシステムを利用して海外球団への移籍を目指していた台湾プロ野球、ラミゴ・モンキーズの王柏融外野手と契約合意に達したことを発表した。今年2月27、28日に「アジアフレンドシップシリーズ in 北海道」にて、ラミゴ・モンキーズ2連戦を札幌ドームで開催していた。その当時から“台湾の大王”こと王柏融には注目していただろう。

2015年の「プレミア12」でも使用された桃園国際棒球場【写真:Getty Images】
2015年の「プレミア12」でも使用された桃園国際棒球場【写真:Getty Images】

日本ハムは今年2月にラミゴ・モンキーズと2連戦を行っていた

 日本ハムは7日にポスティングシステムを利用して海外球団への移籍を目指していた台湾プロ野球、ラミゴ・モンキーズの王柏融外野手と契約合意に達したことを発表した。今年2月27、28日に「アジアフレンドシップシリーズ in 北海道」にて、ラミゴ・モンキーズ2連戦を札幌ドームで開催していた。その当時から“台湾の大王”こと王柏融には注目していただろう。

【動画】プレーヤー必見! 遠投やランニング…MLBの“鬼才”バウアーが明かす独自の練習法

 ロッテとも2014年から毎年行う「キャンプ派遣」では、マリーンズの選手と共に練習を行っていた。さらに、台湾で行われた「桃園最強Power Series 2018 日台バトルカップ」では、噂の渦中であった、王柏融も出場していた。

 2013年WBC第2ラウンドで、日本をあと一歩のところまで追い詰めた場面が印象深いが、王柏融は出場していない。背景として、台湾野球は、現在CTBA(棒球協会)とCPBL(棒球連盟)の間に軋轢が生じているが、詳しい内容はまたの機会としたい。

ここからは、王柏融が台湾でプレーしたLamigo Monkeysについて迫っていく。Lamigo Monkeysは2003年「第一金剛」の名でチームは産声をあげた。2004年~2010年の「La new熊」時代を経て、2011年から現在までチーム名である「Lamigo Monkeys」となった。親会社は靴製造業「La New」である。

 巨人に在籍する陽岱鋼の実兄であり、元ソフトバンクの陽耀勳も外野手として所属している。2017年と2018年シーズンでは、前期後期の2期ともに優勝する完全優勝を成し遂げ、2018年のシーズンは「打高投低」と言われる台湾プロリーグで、唯一のチーム打率3割超えのAVG.320を達成している。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」