野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

巨人が敢行する大補強 その裏でチャンス減、正念場となりかねない若手は…

67勝71敗5分の借金4。2018年、V奪還を目指した巨人の今季残した成績である。12年ぶりに借金を背負ったまま143試合が終わり、球団史上ワーストとなる4年連続のV逸。3位で進んだクライマックスシリーズでも、ファイナルステージで広島に1勝も出来ないままに敗退した。

FA権を行使し巨人への移籍した丸佳浩(左)と炭谷銀仁朗【写真:荒川祐史】
FA権を行使し巨人への移籍した丸佳浩(左)と炭谷銀仁朗【写真:荒川祐史】

FAで丸、炭谷、さらにビヤヌエバ、中島、岩隈が加入

 67勝71敗5分の借金4。2018年、V奪還を目指した巨人の今季残した成績である。12年ぶりに借金を背負ったまま143試合が終わり、球団史上ワーストとなる4年連続のV逸。3位で進んだクライマックスシリーズでも、ファイナルステージで広島に1勝も出来ないままに敗退した。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 巨人戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 またしても屈辱を味わう1年となり、高橋由伸監督は辞任。来季からは、2002年と2003年、そして、2006年から10年間指揮を執った原辰徳監督が3度目の監督に就任し、チームを建て直すことになる。

 3度目の“原体制”となり迎えた今オフ、巨人は例年以上の大補強を敢行している。FA市場で広島からFAとなった丸佳浩外野手、西武からFAとなった炭谷銀仁朗捕手の2人を獲得。パドレスで今季20本塁打を放った大砲クリスチャン・ビヤヌエバ内野手の入団も決まり、さらにはオリックスから自由契約となった中島宏之内野手まで補強した。6日にはマリナーズを退団した岩隈久志投手との契約合意も発表。早くもこのオフで5人目の補強となった。

 V奪還が至上命令となる巨人だけに、4年連続で優勝を逃していれば、大補強も致し方のないところか。とはいえ、昨季までは世代交代を謳って戦力編成を進めてきただけに、この補強は、その若手たちにとっては大きな正念場となりそう。そこで、今オフの大補強によって影響を受けそうな期待の若手に注目してみよう。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」