野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

引退したいぶし銀のロッテ捕手 「1番思い出に残る」投手8人リードした開幕戦

壮絶な幕開けとなった。2013年、千葉ロッテマリーンズは開幕戦から延長12回を戦った。3月29日のオリックス戦(当時QVCマリン)。12回表に1点を許し万事休すかと思われたが、その裏に劇的なドラマが待っていた。

2013年の開幕戦でマスクを被った金澤岳氏【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】
2013年の開幕戦でマスクを被った金澤岳氏【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

開幕スタメンを告げられたのは、当日の打撃練習が終わってから

 壮絶な幕開けとなった。2013年、千葉ロッテマリーンズは開幕戦から延長12回を戦った。3月29日のオリックス戦(当時QVCマリン)。12回表に1点を許し万事休すかと思われたが、その裏に劇的なドラマが待っていた。

【PR】“2020主役は誰だ?”「キャンプキャラバン」を配信中! プロ野球を観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 1死満塁から押し出し四球で同点に追い付くと、最後は2番に入っていた角中勝也外野手がセンターへフライを打ち上げ、これが犠飛となりサヨナラ。18時16分に始まった試合は22時59分に決着がついた。新生伊東マリーンズにとって劇的なスタートだった。

 お立ち台に導かれたのはサヨナラの立役者である角中。しかし、この試合には隠れたヒーローがいた。それは初めて開幕スタメンマスクを被り、見事に大役を務めた金澤岳捕手だ。12回まで8人の投手を巧みにリードし、2失点に抑えこんだ。

「自分にとっても、現役時代に一番思い出に残っている試合を1つ挙げろと言われたらこの試合になりますね。最後までマスクを被れて勝てたわけですから」

 今季限りで現役引退を決めた端正なマスクの金澤は、懐かしそうに当時を振り返る。スタメンは突然、言い渡された。正捕手の里崎智也は故障のため2軍。首脳陣は3月にスワローズからトレードで獲得した川本良平か金澤かの二択に迫られていた。ギリギリまで議論は続いた。一時は新戦力の川本スタメンの方向に傾いたが、最後の最後に決断は覆った。

「投手陣を熟知している金澤でいく」と、監督室で頭を悩ませていた伊東勤監督は腰を上げた。トレードで加入したばかりでまだ投手陣を把握しきれていない川本ではなく、実績こそ少ないものの投手の信頼が厚い金澤を起用することが決まった。現役時代に捕手として一時代を築いた指揮官は、コミュニケーションを重要視し決断した。本人に伝えられたのは、開幕当日の打撃練習が終わったタイミングだった。

「開幕は特別な日。緊張しました。でも、もちろんチャンスが巡ってくる可能性はあると思って、ずっと心の準備をしていたので、あとはやってやるぞという感じでした」と、金澤は気合を入れて出陣した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」