野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 球界の未来は明るい? 2019年ブレーク期待、10代のスター候補10選手を厳選

球界の未来は明るい? 2019年ブレーク期待、10代のスター候補10選手を厳選

2018年も終わり、いよいよ2019年が始まる。プロ野球界は平成最後のシーズンが終わり、来季は新元号のもとで新たなペナントレースを戦うことになる。

ロッテの安田(左)、日本ハムの清宮(中央)、ヤクルトの村上【写真:荒川祐史】
ロッテの安田(左)、日本ハムの清宮(中央)、ヤクルトの村上【写真:荒川祐史】

清宮、村上、安田に加え、根尾、藤原ら野手に好素材揃う

 2018年も終わり、いよいよ2019年が始まる。プロ野球界は平成最後のシーズンが終わり、来季は新元号のもとで新たなペナントレースを戦うことになる。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 2018年には数多くの偉大なレジェンドたちが現役を引退し、球界としても大きな転換期を迎えている。新時代の球界を背負って立つ選手は一体誰になるのか。そこで、2018年も終わるこのタイミングで、2019年のブレークが期待され、また、新たな時代の球界を背負って立つであろう、まだ10代の若手を10人厳選した。

○清宮幸太郎内野手(日本ハム)
 まず名前が挙がるのは、2017年のドラフト1位で7球団競合の末に日本ハムに入団した清宮だろう。1年目は、デビューから7試合連続安打の新人記録を打ち立て、早実の先輩である王貞治氏(現ソフトバンク球団会長)に並ぶ7本塁打を放った。まだ1軍の投手に対しての苦戦は見られたが、それでも、十分にその素質を感じさせる1年目に。来季はきっと今季以上の活躍を見せてくれることだろう。

○村上宗隆内野手(ヤクルト)
 パ・リーグが清宮なら、セ・リーグの筆頭はこの村上か。2017年のドラフトでは、外れ1位で3球団が競合し、ヤクルトに入団。イースタン・リーグでは清宮と並ぶ17本塁打を放ち、70打点、出塁率.389と好成績を残した。9月16日の広島戦で初打席初安打初本塁打と衝撃のデビューを飾った。来季は1年を通して1軍でのプレーが見たい選手である。

○安田尚憲内野手(ロッテ)
 清宮、村上とともに強打者として2017年のドラフトで注目を集めた安田。村上とともに外れ1位で3球団が競合し、ロッテへ。イースタン・リーグでは清宮、村上には及ばなかったものの、それでも12本塁打を放ち、打率も.271とまずまず。67打点はリーグ3位と勝負強さも感じさせた。1軍でも17試合に出場し、プロ初本塁打を含む8安打を記録した。来季以降、ロッテの中軸を担うであろう存在だ。

○根尾昂内野手(中日)
 2018年のドラフトで4球団が競合したスター候補。岐阜出身で、準地元である中日が獲得に成功した。打っても投げても超高校級の素質を持つ。本人は遊撃手への専念を宣言していたものの、投手としても外野手としてもプレーできるだけに、エンゼルス大谷翔平のような規格外の活躍にも期待したいところ。開幕スタメンの可能性も十分にあり、来季の中日でも1、2を争う注目株となるだろう。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」