野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • セ6球団の救援投手事情 2018年はV3の広島に新戦力台頭、巨人は苦しむ

セ6球団の救援投手事情 2018年はV3の広島に新戦力台頭、巨人は苦しむ

投手の分業が進む中、救援投手の役割はますます大きくなっている。各球団の主要な救援投手の成績を比較しよう。

ヤクルト・石山泰稚、DeNA・山崎康晃、広島・中崎翔太(左から)【写真:荒川祐史】
ヤクルト・石山泰稚、DeNA・山崎康晃、広島・中崎翔太(左から)【写真:荒川祐史】

セ・リーグ球団別、救援登板数上位5投手から見る数値は…

 投手の分業が進む中、救援投手の役割はますます大きくなっている。各球団の主要な救援投手の成績を比較しよう。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 セ・リーグ 救援登板数上位5人の投手成績と、その合計の数値を出した。

○広島 273登21勝14敗36S73H 291回1/3 防2.63

中崎翔太 68登4勝2敗32S6H 66回1/3 防2.71
一岡竜司 59登5勝6敗2S18H 56回1/3 防2.88
アドゥワ誠 53登6勝2敗0S5H 67回1/3 防3.74
ジャクソン 48登3勝2敗1S25H 45回2/3 防2.76
フランスア 45登3勝2敗1S19H 55回2/3 防0.80

 2017年まで、救援陣の中心を担った今村の成績が下落。これを救ったのが2年目のアドゥワ誠、新戦力のフランスア。育成上りのフランスアは救援に回ってから45登板で自責点はわずかに4。こうした中継ぎ陣の後ろにクローザーの中崎がいたという図式だった。

○ヤクルト 289登19勝13敗37S69H 290回2/3 防3.68

近藤一樹 74登7勝4敗2S35H 76回2/3 防3.64
石山泰稚 71登3勝2敗35S7H 73回2/3 防2.08
中尾輝 54登7勝3敗0S12H 54回 防3.50
風張蓮 53登2勝4敗0S4H 57回2/3 防4.37
中澤雅人 37登0勝0敗0S11H 28回2/3 防6.91

 ここ数年、救援陣を支えてきた秋吉が落ち込んだが、ベテランの近藤が最多の35ホールド。石山は35セーブ。この2人は優秀だったが、他の救援陣を確立できなかった。

○巨人 178登2勝14敗9S59H 190回 防3.79

澤村拓一 49登1勝6敗0S24H 52回1/3 防4.64
上原浩治 36登0勝5敗0S14H 34回2/3 防3.63
マシソン 34登0勝3敗8S14H 33回1/3 防2.97
中川皓太 30登1勝0敗1S3H 37回2/3 防5.02
宮國椋丞 29登0勝0敗0S4H 32回 防1.97

 50試合以上投げた救援投手が皆無。「勝利の方程式」を作ることができなかった。巨人の近年の低迷は、救援投手陣の崩壊が原因とも言える。時間がかかっても救援投手を育てていくことが必要だろう。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」