野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ鬼軍曹が求めた「走塁への意識」 紅白戦成果に指揮官満足も“愛ある檄”

12球団でロッテだけが2月1日に紅白戦を実施した。選手たちはこの日のために体を作り上げ、プレーをした。メッセージ通りに鍛えてきた選手たち。その動きに井口資仁監督は目を細めた。

ロッテ・井口資仁監督【写真提供:(C)PLM】
ロッテ・井口資仁監督【写真提供:(C)PLM】

井口監督は選手の努力に敬意、紅白戦MVPは「全員」

 12球団でロッテだけが2月1日に紅白戦を実施した。選手たちはこの日のために体を作り上げ、プレーをした。メッセージ通りに鍛えてきた選手たち。その動きに井口資仁監督は目を細めた。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ロッテ戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

「選手全員にMVPをあげたい。初日から紅白戦というのは今までになかったことだから難しかったと思うけど、よく調整をしてきてくれた。若い選手もアピールをしてくれた。それが競争となり、刺激となり、チームの底上げにつながる」

 紅白戦後に行ったマスコミの記者会見でMVPを聞かれた指揮官はあえて「全員」と答えた。それほど選手たちの動きに満足をしていた。いろいろな関係者からの報告で知っていた。いつもは閑散としている1、2軍の球場にこのオフは多くの選手たちが姿を現していたことを。投手は肩を作り、野手はバットを振り込み、この日を迎えた。選手たちが見えないところで重ねた努力に対して素直に敬意を表した。

 指揮官は合格点を口にした中で、鬼軍曹はあえて苦言を呈することを忘れなかった。終了直後、鳥越裕介ヘッドコーチは走塁での意識を選手たちに問うた。

「走者二塁の場面でセンター奥深くのフライが上がり、走者はタッチアップをした。しかし、あそこはあわよくばホームまで陥れるという意識をもって走ってほしかった。何が起こるか分からないわけだから。そういう意識で練習から取り組んでほしい。最初から三塁までという先入観を持つのではなく、その先の塁へという気持ちでお願いしたい」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」