野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

常勝ホークスを支える育成選手たち 驚異の韋駄天と剛球左腕が次の昇格候補!?

今季3年連続の日本一を狙う王者ソフトバンクホークス。12球団で屈指の戦力を誇り、いまや常勝軍団となり、日本のプロ野球界でトップを走る存在となっている。

ソフトバンク・周東佑京(左)と川原弘之【写真:藤浦一都、福谷佑介】
ソフトバンク・周東佑京(左)と川原弘之【写真:藤浦一都、福谷佑介】

千賀や甲斐らに次に続くのは…紅白戦で2人の育成選手が猛アピール

 今季3年連続の日本一を狙う王者ソフトバンクホークス。12球団で屈指の戦力を誇り、いまや常勝軍団となり、日本のプロ野球界でトップを走る存在となっている。

【PR】オープン戦をライブ中継&見逃し配信 ソフトバンク戦を観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 豊富な戦力を誇るソフトバンク。潤沢な資金力を武器とした外国人補強などにも力を注ぐが、その一方で、チーム力を支えるのが、育成選手から昇格してきた選手たち。言わずと知れた千賀滉大投手や甲斐拓也捕手だけでなく、石川柊太投や牧原大成内野手も育成から這い上がった選手たちだ。

 昨季は、その年の育成ドラフト4巡目で入団した大竹耕太郎投手がシーズン途中に支配下に昇格。初登板初先発で初勝利をマークするなど、怪我人が続出した先発ローテの救世主となり、3勝をマークした。

 そして、今季もまた、ソフトバンクの育成選手に楽しみな存在がいる。その2人が20日に行われた紅白戦で結果を残してアピールに成功した。

 支配下昇格の最有力候補と言えるのが、今季2年目となる周東佑京内野手。驚異的な脚力を誇る周東はこの日、3安打の大活躍。5回に、2016年のドラフト1位・田中正義投手から三塁を強襲する当たり。三塁手のグラブを弾き、ファウルグラウンドに打球が転がると、一気に二塁を陥れた。

 さらに、続く田城の打席で、捕手がボールを僅かに弾く間に三進。田城の詰まった二ゴロで本塁を陥れた。自慢の走力をいかんなく発揮した。さらに次の打席では、巧みなバットコントロールで外野の前に落とす技ありの安打。さらに8回には一、二塁間を破る右前安打を放ち、3安打の大暴れだった。

 今季、工藤公康監督は盗塁増加などの“走塁改革”をテーマに掲げている。2017年の育成ドラフト2巡目で東農大オホーツクから入団し、昨季ウエスタン・リーグでチームトップの27盗塁を記録したその足は、今季のチーム方針にうってつけの存在。支配下昇格の可能性は限りなく高いと言えるだろう。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」