福良育成統括GMが目指す“育成のオリックス” 「もう一度、力を入れないと」

昨年限りで監督を辞任した福良淳一氏【写真:荒川祐史】
昨年限りで監督を辞任した福良淳一氏【写真:荒川祐史】

昨年限りで監督を辞任し、育成統括ゼネラルマネージャーに就任した福良淳一氏

 昨年限りで監督を辞任し今季は育成統括ゼネラルマネージャー(GM)としてチームをバックアップする福良淳一氏がインタビューに応じ、未来のチーム像、マリナーズに“復帰”した盟友イチローについて語った。

 続投要請を受けながら低迷の責任を取り辞任した福良育成統括GM。ユニホームを脱いだ今キャンプは主に1軍の球場に隣接する2軍グラウンドで若手たちに目を光らせている。西、金子、中島、小谷野ら主力が抜けたチームの再建に必要なのは若手の育成だという。

「将来の戦力となる若手がどれだけ出てくるか。若手の育成にもう一度、力を入れないと。これまで即戦力(トレード、補強など)で補っていた部分を自前の選手でどれだけ固定できるか。少し時間はかかるかもしれないが、将来のレギュラーになる選手を作っていかないといけない」

 今季から2軍キャンプは全体練習を早めに終え、個別の練習を多く取り入れた。個人で考える時間を増やし必要なことはなにか? 自発的に練習を行える環境を作り、コーチ陣たちもそれに続く。改革の第一歩といってもいい。オリックス現役時代、そして日本ハムでも一緒だった中嶋聡2軍監督、中垣征一郎育成統括GM補佐兼パフォーマンス・ディレクターらと連係を取り「育成のオリックス」を目指していく。

昨オフ、イチローの練習を視察し仕上がりの早さを実感「元気そうにやっていた」

RECOMMEND

RELATED