野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • 【田中浩康の目】「開幕スタメンが楽しみ」DeNA、熾烈な争いで増す攻撃の幅

【田中浩康の目】「開幕スタメンが楽しみ」DeNA、熾烈な争いで増す攻撃の幅

ヤクルト、DeNAでプレーし、昨年限りで現役を引退した田中浩康氏が、26日のヤクルトに続き、27日はDeNAの春季キャンプを訪問した。昨季までプレーした古巣だが、さらに激化の様相を見せるレギュラー争いに興味をそそられたようだ。

昨季本塁打王のソトは二塁定着か、キャンプでは基本動作を反復練習

 今季、定位置が確約されているのは、一塁のロペス、三塁の宮崎敏郎、左翼の筒香のみ。捕手や外野手同様、二遊間のポジション争いも注目の1つだ。2017年に正遊撃手として全試合出場していた倉本寿彦内野手は、昨季は大和の加入により、遊撃だけでなく、二塁、三塁も守ったが、85試合の出場にとどまった。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! DeNA戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

「坪井打撃コーチが『この時期というのはあるけれど、全体的に打撃の状態はいい』と話していました。倉本選手も状態が良さそうですし、昨年のこともあるので、より今年にかける意気込みも強いと思います」

 二塁はどうなるのか。昨季本塁打王に輝いたソトは、右翼、一塁、二塁と複数のポジションを守っていたが、今年はセカンドでの練習に時間を多く割いている。

「ソト選手はセカンドで基本動作を丁寧に反復練習をしていたし、必要な細かいステップもしっかり踏んでいました。アメリカでプレーした時も主にセカンドを守っていたという話を聞いていたので、楽しみですね」

 ソトが二塁を守ることになれば、打順もいろいろな可能性が広がる。

「打順も含めて、毎日試合のオーダーが楽しみですよね。少しファン目線になってしまいますが……(笑)」

 DeNAは3月2日から北海道に渡り、日本ハムとオープン戦を2試合を行う。その後、小牧、名古屋、福山、下関、静岡と移動が続き、本拠地でオープン戦を迎えるのは3月16日となっている。

「オープン戦は長いビジター生活になりますし、気温差もあります。少し過酷な部分もあり、体調面の心配もありますが、その中での開幕スタメン争いは目が離せません」

 2年ぶりのクライマックスシリーズ進出、21年ぶりの日本シリーズ優勝を目指すDeNA。開幕にはどんな布陣で臨むのか、注目だ。

プロフィール
田中浩康(たなか・ひろやす) 1982年5月24日生。36歳。尽誠学園(香川)から早大を経て、05年にドラフト自由枠でヤクルト入団。粘り強い打撃と堅実な守備で活躍した。16年オフに戦力外通告を受けてDeNAに入団。二塁手でベストナイン2回、ゴールデングラブ賞に1回。通算302犠打は歴代5位。noteで有料マガジン「セカンド・ライフ」を執筆中。

Twitterアカウントは@hiroyasu0524

(楢崎豊 / Yutaka Narasaki)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」