野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス松田に直撃インタビュー…「パーソル賞」キャンプ潜入レポート後編

パシフィック・リーグオフィシャルスポンサーのパーソルホールディングス株式会社は、2月3日に「『2018 パーソル クライマックスシリーズ パ』MVP選手を予想して優勝チームの春季キャンプに潜入しよう!」という企画を実施。MVP受賞者を的中させたファンの中から抽選で、福岡県在住の高校3年生、三宅寛人さんと深野貴文さんがソフトバンクの春季キャンプに招待された。

「パーソル賞」当選者と記念撮影をするソフトバンク・松田宣浩【写真:(C)PLM】
「パーソル賞」当選者と記念撮影をするソフトバンク・松田宣浩【写真:(C)PLM】

元気の理由は…「打つ・守る・走るは誰でもできる。でも…」

 パシフィック・リーグオフィシャルスポンサーのパーソルホールディングス株式会社は、2月3日に「『2018 パーソル クライマックスシリーズ パ』MVP選手を予想して優勝チームの春季キャンプに潜入しよう!」という企画を実施。MVP受賞者を的中させたファンの中から抽選で、福岡県在住の高校3年生、三宅寛人さんと深野貴文さんがソフトバンクの春季キャンプに招待された。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 三宅さんと深野さんが憧れの選手たちを間近にした様子と、プロ野球チームがキャンプで行う練習の模様を取り上げた前編に続き、今回の後編では、三宅さんと深野さんが松田宣浩内野手に行ったインタビューの様子をお届けしたい。

 松田は手にしていたバットをマイクのようにして発言者に向けるというユーモアも見せ、取材は終始和やかな雰囲気で行われた。詳細なインタビュー内容は以下の通りだ。

――キャンプが始まってから、今までの調子はどのくらいですか?

松田「また2月1日を迎えましたけど、1月にキツい自主トレをしてきたおかげで順調に怪我なくできているので、このままいい形で追い込むことができると思います」

――グアムで自主トレを行っていましたが、その際にはどのようなことを意識していますか?

松田「やはり、暖かいところで練習するのは、すぐに体ができていいんですよね。今年で13回目の自主トレになりますけど、まず、体を動かすためには暖かいところ、グアムでやろうと思ってるので、すごくいいです」

――ランナーがいる時といない時で、心境の変化はありますか? どんなことに気を付けて打席に立っていますか?

松田「やっぱり、ランナーがいると点が入る。そういった意味では『絶対打ってやろう』という強い気持ちで打てるんですけど、ランナーがいない時も気を抜くのではなくて、『塁に出るぞ』という気持ちで打つ。やっぱり、ランナーが二塁、三塁にいる時の方が気持ちは上がりますよね。でも、やっぱり『打ってやろう』と思わないとダメですね」

――2017年に背番号が「5」から「3」に変わり、今年は「3」からまた「5」に変わります。僕たちも18歳で、春から新天地でやるのですが、心境はどんな感じですか?

松田「背番号を変えて新しい気持ちで、と思っていますし、1年目にもらった背番号が5番なので、当時と同じ思いでボールを追いたいな、と考えました。それが一番、これからの成長に繋がるかなと思っています」

――松田選手が18歳だった頃の思い出を教えていただけますか?

松田「僕が18歳の頃は、ちょうど高校から大学に進学する時でした。今でも覚えてますけど、プロではなく、大学の野球部に入るところだったので、野球以外の面でも1つレベルが上の立場になるのでね。そういう意味では、死に物狂いでやっていた記憶があります」

――どういった経緯で、現在のような明るいキャラクターになられたんですか?

松田「元気がなかったら、この世界ではやっていけないかなと思ったんです。打つ・守る・走るは誰でもできる。でも、『元気』はプロ野球の世界では難しい感じだったので、そういった意味で、まずは『元気』という面で松田宣浩をアピールしたかったっていうのが出発点です」

――18歳の頃の松田さんはどういう人だったんですか?

松田「東京の大学生だったので、イケイケでした。(高校の時は)東海地域にいたんで、尚更イケイケでした」

――(一同笑)もし野球選手になっていなかったら、どのような職業に就いていましたか?

松田「野球しか考えてなかったので、ちょっとわかりませんけど。まあ、野球選手になれると思ってたので、そういった意味でも想像したことがなかったですね。なにかありましたっけ……元気屋さん!! 元気を商売にします(笑)」

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」