野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • OP戦の順位はアテになる? 3位と最下位はシーズン大苦戦、優勝するのは…

OP戦の順位はアテになる? 3位と最下位はシーズン大苦戦、優勝するのは…

「オープン戦の成績は当てにならない」という言葉は、野球好きなら古今東西さまざまな場所で耳にしたことがあるものだろう。この格言が本当のことかを調べるために、過去のオープン戦の順位とレギュラーシーズンの成績を調べてみると、その順位からくる印象とは真逆の相関性が示されているケースも浮かび上がってきた。

オープン戦最下位は10年連続でシーズンもBクラスに沈む

 次に、残念ながらオープン戦で最下位となったチームのその後についても見ていきたい。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! プロ野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

オープン戦最下位→リーグ最終順位
2009 阪神→4位
2010 横浜→6位
2011 横浜→6位
2012 阪神→5位
2013 中日→4位
2014 ヤクルト→6位
2015 広島→4位
2016 中日→6位
2017 巨人→4位
2018 阪神→6位

 過去10年でオープン戦最下位だったチームはすべてBクラスに沈んでおり、その半分がシーズンでも最下位と、ある意味、非常にわかりやすい結果となっている。2008年の巨人はオープン戦最下位ながらリーグ優勝を果たしているが、それ以降はAクラスに入るチームすら出ていない。オープン戦の結果が必ずしもシーズンに繋がるものではないが、上位2チームと最下位に関しては、オープン戦の成績がシーズン全体の成績に繋がる可能性は高そうだ。

 また、オープン戦では上位の成績ながら、何故かシーズンに入ると奮わないチームが増える順位や、逆にオープン戦は下位ながら、シーズンでは好成績を収めるチームが多い順位といった不思議なスポットも存在する。

 まずは3位。オープン戦1位と2位がレギュラーシーズンでも好成績を収めているのは先述の通り。ならば、それに次ぐ3位もそこに準ずる好成績になりそうなものだが、ところが、結果は意外なものになっている

オープン戦3位→リーグ最終順位
2009 広島→5位
2010 楽天→6位
2011 日本ハム→2位
2012 DeNA→6位
2013 ソフトバンク→4位
2014 巨人→1位
2015 DeNA→6位
2016 ソフトバンク→2位
2017 オリックス→4位
2018 楽天→6位

 過去10年間で7度のBクラスと、上位2チームとは対照的な結果に。ちなみにここからひとつ下、オープン戦4位のチームは10年間で5度のAクラス、1度の日本一と一定の成績を収めているだけに、3位の苦戦ぶりは不可解である。

 例外的に好成績を収めたチームに対しても不吉な影はつきまとい、2014年の巨人はレギュラーシーズンを制しながらも、CSファイナルステージで阪神に4連敗を喫し、日本シリーズに進出できず。2016年のソフトバンクは2位という結果ではあるが、最大で11.5ゲーム差をつけていた日本ハムにまさかの大逆転優勝を許す悲劇のシーズンだった。

 ちなみに、2007年のオープン戦で3位だったヤクルトと2008年に3位だったソフトバンクは、それぞれ前年のAクラスから転落して最下位に。それぞれ古田敦也氏と王貞治会長の監督としてのラストシーズンだったが、その終わり方は悲しいものになってしまった。一口に「ジンクス」と言ってしまえば簡単だが、ここまで続くと単なる偶然とはいえないかもしれない。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」