野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • OP戦の順位はアテになる? 3位と最下位はシーズン大苦戦、優勝するのは…

OP戦の順位はアテになる? 3位と最下位はシーズン大苦戦、優勝するのは…

「オープン戦の成績は当てにならない」という言葉は、野球好きなら古今東西さまざまな場所で耳にしたことがあるものだろう。この格言が本当のことかを調べるために、過去のオープン戦の順位とレギュラーシーズンの成績を調べてみると、その順位からくる印象とは真逆の相関性が示されているケースも浮かび上がってきた。

11位はなぜかシーズン好調、過去10年で2位以上が6回

 一方、最下位に次ぐブービーであり、順当に考えればレギュラーシーズンでの苦戦が予想される11位のチームについても、意外な結果が見えてくる。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! プロ野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

オープン戦11位→リーグ最終順位
2009 中日→2位
2010 阪神→2位
2011 ロッテ→6位
2012 広島→4位
2013 オリックス→5位
2014 阪神→2位(日本シリーズ進出)
2015 巨人→2位
2016 オリックス→6位
2017 広島→1位
2018 広島→1位

 過去10年で6度の2位以上、そのうち2度はリーグ優勝という結果は、オープン戦11位という数字とは対照的なもの。2014年の阪神はレギュラーシーズンを2位で終えながら、CSで巨人を4連勝で破って日本シリーズ進出。過去10年間で最も日本一に近づいたシーズンでもあった。

 オープン戦最下位のチームはレギュラーシーズンでもそのまま苦戦を続ける傾向が強く、過去10年間はそのすべてがBクラスに沈んでいる。それだけに、それと大差ないはずのオープン戦11位のチームが見せている奮闘は、先述の3位とは真逆の意味で特異な結果と言えるだろう。

 また、11位と同様に「縁起のいい」オープン戦の順位は他にもある。オープン戦を5位で終えたチームの、その後の成績を以下に示していきたい。

オープン戦5位→リーグ最終順位
2009 楽天→2位
2010 オリックス→5位
2011 巨人→3位
2012 中日→2位
2013 阪神→2位
2014 広島→3位
2015 阪神→3位
2016 西武→4位
2017 西武→2位
2018 オリックス→4位

 レギュラーシーズンでAクラス入りした回数が10年間で7度と、Aクラス入りの確率はオープン戦1位の球団を上回る。12球団中5位という成績はオープン戦の「Aクラス」と呼べるものではあるが、3位(3度)と4位(5度)に比べてもAクラス入りの確率が多いという数字は興味深いものである。

 2009年の楽天と2017年の西武は前評判は決して高いとは言えない存在だったが、下馬評を覆して見事に2位へと躍進している。楽天にとっては記念すべき球団史上初のAクラス入りであり、西武は翌年の優勝につなげる礎を築くシーズンとなっただけに、そういった観点からも縁起の良さを感じさせる。

 上位2チームと最下位に関しては順当な結果となる確率が高い一方で、3位や11位のように意外な結果を生みがちな順位もまた存在している。この興味深い結果を、オープン戦が終わった段階で改めて確認して、過去の傾向からシーズンの行方を予想してみるのも面白いのではないだろうか。

(「パ・リーグ インサイト」望月遼太)

(記事提供:パ・リーグ インサイト

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」