野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

メキシコ代表から見た侍Jと日本の野球ファン「愛がある」「感銘与えてくれた」

野球日本代表「侍ジャパン」は3月9日、10日に「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019」でメキシコ代表と戦い、1勝1敗で2試合の戦いを終えた。初戦はリリーフ陣が崩れて逆転負けを喫し、第2戦は4番に入った吉田正尚外野手(オリックス)が満塁弾を含む2安打5打点と活躍し、6-0で快勝。初戦は痛恨の敗戦となったが、第2戦雪辱を晴らす形となった。

メキシコ戦第2戦で4番に入ったオリックス・吉田正尚【写真:Getty Images】
メキシコ戦第2戦で4番に入ったオリックス・吉田正尚【写真:Getty Images】

敵将は2戦目で4番に座ったオリ吉田正を絶賛「アメリカでプレーしている選手?」

 野球日本代表「侍ジャパン」は3月9日、10日に「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019」でメキシコ代表と戦い、1勝1敗で2試合の戦いを終えた。初戦はリリーフ陣が崩れて逆転負けを喫し、第2戦は4番に入った吉田正尚外野手(オリックス)が満塁弾を含む2安打5打点と活躍し、6-0で快勝。初戦は痛恨の敗戦となったが、第2戦雪辱を晴らす形となった。

クロマティ氏が明かす、米国から見た侍ジャパン「評価は高いものがあります」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 今秋のプレミア12、来年の東京五輪に向けて、最後の選手発掘の場として位置づけられたこのメキシコ戦。不測の事態などを想定し、さらには将来の侍ジャパンを担う若手に国際経験を積ませるために、多くの初招集選手を含む、若手でチームは編成された。まさに“ヤング侍”での戦いではあったが、果たして、対戦相手のメキシコ代表は、この侍ジャパンをどう感じたのだろうか。

 2試合を戦い終えたメキシコ代表のダン・フィロバ監督は「とてもいいチームだった。タレント揃いだし、アグレッシブなチーム。出塁すると、とても走塁もいい。素晴らしいチームだとリスペクトしていますし、また日本と戦えたらいいなと思います」と語り、第2戦で5盗塁を決めた日本の機動力を具体例に挙げていた。

 また指揮官は2試合で5打数4安打1本塁打6打点、打率.800を記録した吉田を大絶賛。「すごくいい選手です。コンタクトもいいし、スイングもいい、技術もある」とその力を認めると、「アメリカでプレーしている選手? まだ、できないのかな?」と報道陣に逆質問。日本でプレーしていると聞かされると「アメリカのチームが取りたいと言ってきているんじゃないかな? そういうことはあるの?」と笑い、「とても良い選手だ」と再び褒めた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」