野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチロー引退、敵軍選手たちの心にも“穴” 「彼無しのリーグは違ったものに」

イチロー引退、敵軍選手たちの心にも“穴” 「彼無しのリーグは違ったものに」

マリナーズのイチロー外野手が21日のアスレチックス戦(東京ドーム)後に現役を引退してから、約2週間が経過したが、球界関係者からは続々とその偉大さを称える声が上がっている。ヤンキースに次ぐ11度の世界一を誇るカージナルスの選手たちも、レジェンドに敬意を表している。地元紙「セントルイス・ポスト・ディスパッチ」が伝えた。

現役引退を表明したマリナーズ・イチロー【写真:AP】
現役引退を表明したマリナーズ・イチロー【写真:AP】

カージナルスの選手たちが敬意、元エースは特大弾&流し打ちの記憶を振り返る

 マリナーズのイチロー外野手が21日のアスレチックス戦(東京ドーム)後に現役を引退してから、約2週間が経過したが、球界関係者からは続々とその偉大さを称える声が上がっている。ヤンキースに次ぐ11度の世界一を誇るカージナルスの選手たちも、レジェンドに敬意を表している。地元紙「セントルイス・ポスト・ディスパッチ」が伝えた。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 イチローが引退を表明した直後、カージナルスの選手たちは複雑な心境だったという。記事では、キャンプ施設のクラブハウスでラストゲームのハイライトを選手たちが見たという事実を紹介。その中には、マーリンズ時代にチームメートだったマルセル・オズナ外野手も含まれていた。現マリナーズのディー・ゴードン内野手らとともに、イチローを“師”と仰ぐ選手の一人だ。

 特集では「イチローがもし本塁打競争に出場していたら、毎年優勝できただろうと、マーリンズでイチローと共にプレーしたマルセル・オズナは彼のカージナルスのチームメートたちに伝えた」と言及。メジャーリーガーとしては小さなイチローの体のサイズを記した上で「彼が打ちたいと思えば20本のホームランを打撃練習で立て続けに打つことができた」としている。イチローがフリー打撃で柵越えを連発するという事実を知らない人は、もはやいないほど。オズナは同僚として3シーズン、それを目の当たりにしてきたわけだ。

 絶対的なエースとして活躍してきた右腕ウェインライトも登場する。イチローはカージナルス戦でメジャー通算81打数27安打の打率.333と活躍しているが、唯一のホームランをウェインライトが打たれているという。つまり、イチローの“パワー”を実感した一人だ。

「時々、彼は大きな当たりを打っていたものだよ。彼はその試合の2球目を435フィート(約136メートル)の先頭打者ホームランにしたんだ。僕は、『なるほど、この男は力で自分を打ち負かそうとしている』とその時思ったよ。そして次の打席(実際には第4打席)で、彼は三塁手(の頭上)を越える二塁打を打ったんだ」

 力強く引っ張って特大弾を放ったかと思えば、その後の打席では逆方向に流し打つ。ウェインライトは記事の中で、イチローに翻弄されたことを振り返っている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」