野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神梅野のサイクル安打は捕手としてわずか4例目の快挙 過去の達成者は…

阪神の梅野隆太郎捕手が9日のDeNA戦でサイクル安打を記録した。NPBで今季初、史上69人目、通算74回目の快挙だった。

三塁打が少ない三塁手、梅野はキャリア7本目

 門前は草創期のタイガースで活躍した捕手。金星を経て戦後大洋に移籍し、捕手として最初、NPB史上4人目、セ2人目のサイクル安打を記録した。達成した1950年は極端な打高投低だったが、門前は110打点を記録している。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 田村は日本ハム1980年代から90年代に活躍した正捕手。1993年にベストナイン、ゴールデングラブ。サイクル安打はNPB史上42人目、パ24人目だった。

 細川は現役捕手。西武、ソフトバンク、楽天を経て今季からロッテ。2008年と2011年にベストナイン、ゴールデングラブ。梅野も含め、4人の捕手はいずれも正捕手としてチームに貢献している。

 一般的に捕手は足の速い選手が少ないとされる。このために三塁打を打つのが難しく、サイクル安打が少ないと考えられる。通算三塁打数は、門前が30本、田村は16本、現役の細川は8本、梅野はこのサイクル安打でようやく7本目だ。

 梅野は2013年ドラフト4位で阪神に入団。俊敏な守備と強肩で売り出した。課題は打撃。そのために原口文仁などと競り合っていたが、昨年、正捕手に定着。初めて.250を超える打率.259をマークしたが、今年はさらに好調で、今日の成績を加えて30打数13安打1本塁打5打点、打率.433だ。

 強打の捕手が誕生すれば、打線の穴がなくなる。梅野は守備だけでなく攻撃でも貢献度の高い捕手になりつつある。

(広尾晃 / Koh Hiroo)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」