野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

阪神梅野のサイクル安打は捕手としてわずか4例目の快挙 過去の達成者は…

阪神の梅野隆太郎捕手が9日のDeNA戦でサイクル安打を記録した。NPBで今季初、史上69人目、通算74回目の快挙だった。

阪神・梅野隆太郎【写真:荒川祐史】
阪神・梅野隆太郎【写真:荒川祐史】

9日のDeNA戦で達成、捕手としては2004年の細川以来の快挙

 阪神の梅野隆太郎捕手が9日のDeNA戦でサイクル安打を記録した。NPBで今季初、史上69人目、通算74回目の快挙だった。

【PR】6月25日まで加入後2か月無料キャンペーン中! ベースボール&スポーツを観るなら「DAZN」

 この日の梅野は「8番・捕手」で先発。2回に右三塁打(打点2)、4回に右前打、6回は三ゴロ、8回に左中間本塁打(打点1)と打ち、同じ回にもう一度打順が巡って右中間二塁打(打点1)で、大記録を達成した。

 梅野の記録はセ・リーグでは39回目。過去に69人の達成者がいるサイクル安打だが、捕手の達成は梅野も含めてわずか4例目だ。

門前真佐人(大洋 1950.6.27中日戦)
「6番・捕手」 左安・中飛・左本・右2・右3

田村藤夫(日本ハム 1989.10.1ダイエー戦)
「8番・捕手」 右3・左本・中飛・左安・左2

細川亨(西武 2004.4.4日ハム戦)
「8番・捕手」 左2・左3・左本・中安・三振

梅野隆太郎(阪神 2019.4.9DeNA戦)
「8番・捕手」 右3・右安・三ゴ・左本・右2

 このほか、西鉄ライオンズの正捕手だった和田博実が1968年5月28日の南海戦でサイクル安打を達成しているが、この試合では和田は「7番・一塁」で先発していた。また日本ハムの正捕手だった大宮龍男も1980年7月29日の南海戦で達成しているが、これも「6番・指名打者」での出場だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」