野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

戦力外でもあえてのプロポーズ 元10勝投手が「二人三脚」で目指すNPB復帰

恵まれているとは言えない環境を、むしろ楽しんでいるように見える。「変化の1年だと思う」。独立リーグでのデビュー登板を2日後に控えた4月5日の夜、若松駿太投手は大衆居酒屋にいた。昨季限りで中日を戦力外となり、ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに求めた新天地。NPB復帰への再出発を語った元10勝投手の隣には、ひとりの女性の姿もあった。

栃木ゴールデンブレーブス・若松駿太【写真:小西亮】
栃木ゴールデンブレーブス・若松駿太【写真:小西亮】

忘れられない戦力外通告の衝撃「なんで、オレ?」 明け方まで呑んだくれた

 恵まれているとは言えない環境を、むしろ楽しんでいるように見える。「変化の1年だと思う」。独立リーグでのデビュー登板を2日後に控えた4月5日の夜、若松駿太投手は大衆居酒屋にいた。昨季限りで中日を戦力外となり、ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに求めた新天地。NPB復帰への再出発を語った元10勝投手の隣には、ひとりの女性の姿もあった。

「なんで、オレ?」。今でも衝撃は忘れない。2018年10月1日。名古屋市内の球団事務所に呼ばれ、球団代表から「来季の戦力としては考えていない」と告げられた。1軍登板がなかったその年の成績だけ見れば納得はできるが、積み重ねてきた実績も無下にされたようだった。プロ3年目の15年に10勝4敗の成績を残し、一気にブレーク。代名詞となったチェンジアップは、球界の一流打者たちに「分かっていても打てない」と言わしめた。

 16年は7勝、17年は1勝と成績は下降したが、まだ20代前半。右肩痛で出遅れた18年シーズンも、春過ぎには臨戦態勢は整っていた。だが、1軍から声がかかる気配はない。それどころか、2軍のメンバーにさえ入れない日もあった。「投げられるのに……」。首脳陣に理由を問うても、納得する答えは返ってこない。明け透けなく物言う性格が煙たがられることもあり、精神的なストレスがつい態度に表れると周囲には「生意気だ」と映った。心にしこりを抱えたまま、告げられたクビの宣告。ヤケになるなという方が無理だった。

 それから4日間、名古屋の繁華街に毎晩繰り出して明け方まで呑んだくれた。野球をやめることも考えた。「家にいると、嫌なことばっかり考えちゃうから。どういう選択をするにしても、1回リセットする時間が必要だと思った」。人前で涙は見せまいと堪えられたのは、自分以上に悲しんでくれる存在がいたからだ。1歳下で交際中の沙苗さんが、目の前で号泣している。「体が元気なうちに野球を諦めるのは違うんじゃないかな」。そう背中を押され、12球団合同トライアウトに参加。NPBから声は掛からず、真っ先に話をくれた栃木への入団を決めた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」