野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「弱さ」と戦った巨人ドラ1左腕との記憶 大学恩師がプロ初勝利に感じた変化とは

4日の阪神戦で、巨人の大卒新人としては59年ぶりとなる初登板初先発初勝利を挙げたドラフト1位ルーキー・高橋優貴投手。東海大菅生(東京)、青森の八戸学院大で成長を遂げ、ドラフト1位左腕へとなった。大学で指導した正村公弘監督は「すごい。プロに入っていい指導者や先輩と出会って、どんどん吸収して成長しているのかな」と初勝利を喜んだ。

八戸学院大・正村公弘監督【写真:高橋昌江】
八戸学院大・正村公弘監督【写真:高橋昌江】

八戸学院大・正村公弘監督が教え子・巨人高橋のピンチでの投球内容で気付いた

 4日の阪神戦で、巨人の大卒新人としては59年ぶりとなる初登板初先発初勝利を挙げたドラフト1位ルーキー・高橋優貴投手。東海大菅生(東京)、青森の八戸学院大で成長を遂げ、ドラフト1位左腕へとなった。大学で指導した正村公弘監督は「すごい。プロに入っていい指導者や先輩と出会って、どんどん吸収して成長しているのかな」と初勝利を喜んだ。

 正村監督は試合をリアルタイムに見ることはできなかった。スマートフォンで試合速報サイトをチェックした。更新された。高橋は初回、2死を奪ったが糸井に二塁打を許し、大山には四球を与えた。

 「悪い癖が出ているな……」

 いきなり迎えた初回のピンチ。指揮官の脳裏には高橋と過ごした4年間が蘇ってきた。

 正村監督は言い続けてきた。

「強いボールを放れるのになんでそんなもったいないことをするの?」

「大学生クラス相手でお前の球威があれば、ゾーンで勝負できるだろ。それをなんで怖がってボール、ボールになるんだ」

 実は昨秋のドラフト直後、正村監督は「本当に期待されているんだろうけど、巨人の1位というのがプレッシャーにならなければいいな」と懸念していた。正村監督が初めて高橋を見たのは東海大菅生2年の3月。腕の振りの良さが印象に残っているという。高橋の球速は3年夏の直前に140キロを超えるようになっており、大学では1年春からリーグ戦で登板してきた。

 大学3年の秋、球速は152キロに到達。そのキレのある直球にスライダー、カーブ、スクリューを操り、北東北大学リーグで通算301奪三振をマーク。富士大・多和田真三郎投手(現西武)の記録を抜き、リーグ最多記録を樹立した。その一方で、質のいい球を持ちながらも大事な試合で勝てず、スカウトの中には精神的なもろさを指摘する声もあった。間近で指導してきた正村監督にとっても高橋との4年間は彼の「弱さ」との戦いでもあった。だから、喜ばしいドラフト1位指名も、そのプレッシャーに耐えられるかという心配が勝っていた。

 高橋本人も学生時代、「気持ちの面は厳しく、よく言われました。今も強いわけではないんですけど、大事だと教わりました」と話している。日本ハム・吉田輝星投手を金足農高時代に指導して話題となったが、元々投手育成に定評があり、自身も左腕投手だった正村監督からけん制やフィールディング、投球フォームなど、投手としてのあらゆる“いろは”を学んだ。「投げるだけがピッチャーじゃないと教わった」というが、孤独なマウンドでの「弱さ」との戦いは続いた。チームを勝たせなければならないという責任感もあったかもしれない。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」