野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹はなぜヤフオクDにスポーツバーを? 球団の思いと狙い、背景にあったダイエー時代の“縁”

今季、大改修を行い、バックスクリーンのビジョンやコンコース、座席などを大幅に刷新したソフトバンクホークスの本拠地ヤフオクドーム。収容人数は4万人を超え、より一層のスケールアップを遂げた。さらに、現在、ドーム横には自社ビル「エンターテインメントビル(仮称)」を建築中と、様々な取り組みを次々に行い、その勢いには驚かされるばかりである。

ヤフオクドーム左翼スタンド上部に英国風パブ「HUB」がグランドオープン【写真:福谷佑介】
ヤフオクドーム左翼スタンド上部に英国風パブ「HUB」がグランドオープン【写真:福谷佑介】

4月27日にヤフオクDに英国風パブ「HUB」がオープン、九州初出店となる

 今季、大改修を行い、バックスクリーンのビジョンやコンコース、座席などを大幅に刷新したソフトバンクホークスの本拠地ヤフオクドーム。収容人数は4万人を超え、より一層のスケールアップを遂げた。さらに、現在、ドーム横には自社ビル「エンターテインメントビル(仮称)」を建築中と、様々な取り組みを次々に行い、その勢いには驚かされるばかりである。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ソフトバンク戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 そして、そのヤフオクドームに、4月27日にオープンするのが、英国風パブ「HUB」である。関東地方を中心に全国で100店以上を展開。街中で見かけたことのある人も多いはずだが、九州の人には馴染みは薄いだろう。それもそのはず。今回、ヤフオクドームでオープンするのが、九州初出店となる。

 かつて「王貞治ベースボールミュージアム」があった場所を、大規模改修を機に一新。「王貞治ベースボールミュージアム」は建設中の新ビルに移転し、その場所に新たに「HUB」を作った。総座席数は全店舗で最大級となる222席。革張りの座席やパブらしいスツール席などが用意されている。

 最大の売りはヤフオクドームのレフトスタンド沿いにガラス張りとなっている座席。ヤフオクドーム内が一望でき、もちろんソフトバンクの試合も観戦できる。ガラス沿いカウンター席などは予約制となるが、予約で埋まっていなければ、いきなり来店しても座ることは可能。チケット代はかからず、ドリンク&フード代金だけで座ることができる。

 だが、なぜ、ホークスはヤフオクドーム内にスポーツバーを作ろうと考えたのか。

 このプロジェクトを主導したゲストサービス部の大山隆太部長は、その思いと狙いを明かしてくれた。「福岡にはスポーツバーという場所があまりありません。スポーツが常に身近にある場所、そして、ホークスがビジターで試合をしている時でもファンが集える場所を、いつかこの場所に作りたいと思っていました」。ヤフオクドームの大規模改修に伴い「王貞治ベースボールミュージアム」が新ビルに移転。そのスペースが空いたことで、長らく思い描いていた構想を実現させるチャンスが巡ってきた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」