野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ファン“激論” 1週間半前に乱闘劇呼んだ打者のサヨナラ弾→バット投げに“賛否”

ファン“激論” 1週間半前に乱闘劇呼んだ打者のサヨナラ弾→バット投げに“賛否”

ホワイトソックスのティム・アンダーソン内野手が26日(日本時間27日)の本拠地タイガース戦でまたしても「バットフリップ(バット投げ)」を見せ、“賛否両論”を呼んでいる。MLB公式ツイッターがそのシーンの動画を公開すると、ファンが激論を繰り広げた。

27日、サヨナラ弾を放ったホワイトソックスのティム・アンダーソン【写真:Getty Images】
27日、サヨナラ弾を放ったホワイトソックスのティム・アンダーソン【写真:Getty Images】

Wソックスのアンダーソン、今回はサヨナラ弾で喜び爆発も…バット投げに“賛否両論”

■Wソックス 12-11 タイガース(日本時間27日・シカゴ)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ホワイトソックスのティム・アンダーソン内野手が26日(日本時間27日)の本拠地タイガース戦でまたしても「バットフリップ(バット投げ)」を見せ、“賛否両論”を呼んでいる。MLB公式ツイッターがそのシーンの動画を公開すると、ファンが激論を繰り広げた。

 8回まで11-11という乱打戦となった26日の試合。9回2死走者なしで打席に立ったアンダーソンは、右腕ヒメネスの初球をスライダーを完璧に捉え、レフトスタンドへ運んだ。延長戦突入濃厚だったが、一振りで決着。喜びを爆発させてダイヤモンドを一周し、迎えたチームメートにもみくちゃにされた。

 しかし、問題視されたのはホームランを打った直後の“振る舞い”。打った瞬間ホームランと確信したアンダーソンは、バットを味方ベンチ方向に向かって投げ飛ばし、雄叫びをあげた。この“バットフリップ”が注目された。

 アンダーソンは17日(同18日)のロイヤルズ戦で4回に右腕ブラッド・ケラーから通算50号のソロ弾を放ち、自軍の三塁ベンチ方向へバット投げ。これが侮辱行為と取られたのか、次の打席でケラーから臀部付近への死球を当てられて両軍の選手やスタッフが入り乱れる乱闘騒動に発展し、4人が退場処分となっていた。それから、約1週間半後にアンダーソンが再び“バット投げ”をしたことが、賛否を呼んだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」