野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • 「毎日が決勝戦…」も東京優勝の東海大菅生がライバル校を意識しない理由

「毎日が決勝戦…」も東京優勝の東海大菅生がライバル校を意識しない理由

春季東京都高校野球大会の決勝戦が28日、神宮球場で行われ、東海大菅生が選抜出場の国士舘を4-3で破り、1995年以来、2度目の優勝を果たした。

春季東京大会を制した東海大菅生・若林弘泰監督【写真:楢崎豊】
春季東京大会を制した東海大菅生・若林弘泰監督【写真:楢崎豊】

1995年以来、2度目の優勝の東海大菅生・若林弘泰監督は元中日投手

 春季東京都高校野球大会の決勝戦が28日、神宮球場で行われ、東海大菅生が選抜出場の国士舘を4-3で破り、1995年以来、2度目の優勝を果たした。

【動画】プレーヤー必見! 遠投やランニング…MLBの“鬼才”バウアーが明かす独自の練習法

 試合を決めたのは8番打者のキャプテン・石田隆成(3年)だった。3-3の9回に左中間へサヨナラ二塁打。この日自身2本目のヒットが値千金の一打になった。

 サヨナラ打を放った後、石田はナインにもみくちゃにされた。東海大菅生・若林弘泰監督も笑顔で主将の頭をなでていた。

 そんな温かい雰囲気から想像もつかないようなコメントが試合後、指揮官の口から出た。

「勝てたことはよかったですね。ここのところ、打てていなかったので、石田をレギュラーから外そうかと思っていました。これで主将としても引っ張っていってくれると思います。主将も変えないといけないなと思っていましたから」

 この試合で石田は強い気持ちが出ていたと感じた。今大会は可能性を引き出すためにたくさんのベンチ入り選手を試合に使った。選手の内面的な部分を見極めて、起用も当たった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」