野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 菊池雄星
  • 菊池雄星、次回登板は9日ヤンキース戦! バウアーも絶賛「アンビリーバブルだ!」

菊池雄星、次回登板は9日ヤンキース戦! バウアーも絶賛「アンビリーバブルだ!」

マリナーズの菊池雄星投手の次回登板が、8日(日本時間9日)敵地でのヤンキース戦に決まった。4日(同5日)に球団広報が発表した。菊池は前日3日の登板で2度目の対戦となったインディアンス打線を相手に好投。今季最長となる7回を投げ3安打1失点。奪三振数でも移籍後最多となる10個を積み上げた。

マリナーズ・菊池雄星【写真:AP】
マリナーズ・菊池雄星【写真:AP】

サービス監督、敵軍バウアーも絶賛する好投を見せた菊池

 マリナーズの菊池雄星投手の次回登板が、8日(日本時間9日)敵地でのヤンキース戦に決まった。4日(同5日)に球団広報が発表した。菊池は前日3日の登板で2度目の対戦となったインディアンス打線を相手に好投。今季最長となる7回を投げ3安打1失点。奪三振数でも移籍後最多となる10個を積み上げた。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 菊池雄星を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 サービス監督はこの日の試合前の会見で前夜を改めて振り返り、最速97マイル(約156キロ)を計測した直球を絶賛した。

「球速だけではなく(回転のいい)伸びのある生きたボールは制球も良く、バットで捉えるのが難しい高めを上手く使っていた。そういう直球であれば打者を追い込んでからの球(変化球)は完成されたものでなくてもよくなる。なぜなら、打者は直球に(意識を)備えなければいけなくなるからだ。昨夜は軸になる直球がしっかりと築けたので、10個もの三振が取れた」

 レーダーや高性能カメラを利用した精密なデータを出すスタットキャストによると、疲労の軽減から“1回限定の先発”となった前回4月26日の登板を抜かし、メジャー初登板からの6試合では、直球の球速が平均93.1マイル(約150キロ)だったのに対し、昨日の登板では平均94.4マイル(約151キロ)へと上昇している。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」