野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大、味方の再三の拙守に珍しく感情露わ NY紙も同情「裏切り行為」

田中将大、味方の再三の拙守に珍しく感情露わ NY紙も同情「裏切り行為」

ヤンキースの田中将大投手は7日(日本時間8日)、本拠地マリナーズ戦で6回1/3を5安打2失点4奪三振2四球と力投したが、今季3勝目はならなかった。試合途中の降雨で1時間12分中断となった影響で、リードを許したまま降板となったが、チームメートの拙守に足を引っ張られた日本人右腕について、地元メディアは「外野の裏切りは1度だけに留まらず」と同情している。

マリナーズ戦に先発したヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
マリナーズ戦に先発したヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

マウンド上で思わず怒り爆発、珍しいシーンに地元メディアも注目

■ヤンキース 5-4 マリナーズ(日本時間8日・ニューヨーク)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 田中将大を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ヤンキースの田中将大投手は7日(日本時間8日)、本拠地マリナーズ戦で6回1/3を5安打2失点4奪三振2四球と力投したが、今季3勝目はならなかった。試合途中の降雨で1時間12分中断となった影響で、リードを許したまま降板となったが、チームメートの拙守に足を引っ張られた日本人右腕について、地元メディアは「外野の裏切りは1度だけに留まらず」と同情している。

 地元紙「ニューヨーク・ポスト」は「マサヒロ・タナカは奮闘するも、ヤンキースの守備には不満」と特集。この日も宝刀スプリットが本来の変化を見せず、粘りのピッチングとなった日本人右腕について「マサヒロ・タナカの火曜日の投球は、またしてもトレードマークのスプリットが影を潜めた。さらに悪いことには、外野手の彼に対する裏切り行為は、1度だけでは済まなかった」と振り返っている。

 記事では、チームメートの拙守を「裏切り」と断罪。タナカに同情している。普段ポーカーフェイスを貫く男にとっては珍しいシーンもあった。

 1-1で迎えた4回1死の場面で、ブルースが右中間方向にフライを打ち上げた。何でもないライトフライに見えたが、落下地点に入ったように見えた右翼のフレイジャーが突如動きを止めると、中堅のガードナーとよもやの“お見合い”に。1死二塁のピンチを招き、マウンド上で田中は怒りを爆発させていた。そして、7回は先頭打者のベッカムがライトフライを上げたが、フレイジャーが今度はポロリ。田中はしゃがみ込み、大きな声を上げた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」