野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

京都フローラ、春V決定も気は緩まず GW白星締め、村松「一戦一戦を大事に」

5日に伏見桃山球場で行われた女子プロ野球・春季リーグ愛知ディオーネ-京都フローラは4-3で京都フローラが勝利した。

攻守に活躍した京都フローラ・村松珠希【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】
攻守に活躍した京都フローラ・村松珠希【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】

春の女王が逃げ切りで愛知ディオーネに勝利「フローラらしい野球を」

 5日に伏見桃山球場で行われた女子プロ野球・春季リーグ愛知ディオーネ-京都フローラは4-3で京都フローラが勝利した。

「圧倒的」な強さで世界一を目指す 侍ジャパン女子代表・中島監督がW杯7連覇に懸ける想い(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 京都フローラは「ゴールデンウイーク(GW)最終戦、絶対に勝ちたい」と意気込む植村が先発。愛知ディオーネは小原がプロ初先発となったほか、第1試合で先発した一尾が「8番・一塁」でスタメンに名を連ねた。

 試合は1回表、ツーベースヒットを放った三浦を二塁において3番・村松がレフト線へツーベースヒットを放ち、京都フローラが先制。さらに、5番・中村にもタイムリーが生まれ初回から2点を奪った。

 GW最後の試合を連勝で締めたいディオーネは2回裏に9番・浅野のタイムリーで1点差に詰め寄ると、3回裏にはランナーを2人置いて6番・金城が左中間を深々と破るタイムリーツーベースヒットを放ち試合をひっくり返す。

 こどもの日ということもあり、スタンドにたくさんの子供たちが詰めかけ、両チームに「1日選手体験」として未来の女子プロ野球選手が1人ずつ『ベンチ入り』したこの試合はこれだけでは終わらなかった。

 4回裏、2死三塁から2番・岩見がライトへ放ったヒット性の打球を、フローラのライト・田中が正確な送球でアウトにしライトゴロを完成させると、試合の流れは再びフローラへ。5回表、1死二塁から1番・三浦がレフト前ヒットを放つと、相手守備のエラーを誘う間に二塁走者がホームに還り同点。さらに2死二塁とすると、3番・村松が三塁線を破るタイムリーツーベースヒットを放ち勝ち越しに成功した。

 再びリードもらった植村は5回、6回をパーフェクトに抑えると、7回は満を持して守護神・森が登場。同点のランナーを三塁まで進めピンチの場面。ベンチから植村は祈るように森を応援した。「森選手も疲労が溜まっているであろう中で必死に投げてくれていたので『頑張れ、大丈夫!』と願いながら応援していました」と植村。その願いが通じたのか、快速球を武器に最後は力でねじ伏せ試合終了。GW最後の一戦は京都フローラが逃げ切った。

 攻守に活躍した村松は、「球種など意識せず自分のスイングしていこうと思って打席に立ちました! 優勝は決まっていますが目の前の一戦一戦を大事にフローラらしい野球をしていきたいと思います」とコメントした。一方、愛知ディオーネは中盤以降ディオーネ投手陣を打ち崩せず連勝とはならなかった。

日本女子プロ野球リーグ

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」