野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • 海外
  • 元DeNA久保所属のメキシカンリーグで“飛ぶボール”問題 「投手にとって苦難の1年」

元DeNA久保所属のメキシカンリーグで“飛ぶボール”問題 「投手にとって苦難の1年」

元DeNAの久保康友投手がプレーするメキシカンリーグで打球に異変が起こっている。昨年までローリングス社製(中国製)だったリーグ公式球が今年からフランクリン社製(中国製)に変わったことで打球がより飛ぶようになり、本塁打の数が急増しているのだ。

メキシカンリーグのブラボス・デ・レオンでプレーする久保康友【写真:球団提供】
メキシカンリーグのブラボス・デ・レオンでプレーする久保康友【写真:球団提供】

今季からローリングス社製からフランクリン社製に変更

 元DeNAの久保康友投手がプレーするメキシカンリーグで打球に異変が起こっている。昨年までローリングス社製(中国製)だったリーグ公式球が今年からフランクリン社製(中国製)に変わったことで打球がより飛ぶようになり、本塁打の数が急増しているのだ。

【PR】今季は11球団主催試合を配信 DAZNの“トリセツ”楽しむためのポイントは?

 4月4日の開幕から約1か月。この異変はデータにも如実に表れている。今季、ここまでの1試合当たりの平均本塁打数は2.69本。18年(昨年のみリーグが前後期制で、公式データが後期しか残っていないため、後期の数字を使用)は1.81本、17年が1.56本、16年が1.43本、15年が1.62本と、過去4年と比べると明らかに高い数字が出てくる。数にして昨年の1.49倍。2ケタ得点が入る試合が多く、それによって4時間以上かかる試合も増えているのだ。

 チーム防御率を見ても、今年は得点が例年以上に入っていることが明らかだ。今季の全チームの平均防御率は現時点で5.99。昨年後期は5.00、17年が4.60、16年が4.34、15年が4.61と、いずれも今年を下回っている。

 メジャー経験もあり、メキシカンリーグ通算97勝の右腕、ブラボス・デ・レオンのワルテル・シルバ投手は「私はメキシカンリーグで17年間プレーしているが、こんなに打球が飛ぶ年はない」と証言する。42歳のベテランは「縫い目の高さもボールによってバラバラだから、同じ変化球でも軌道が変わってくるので、同じフォームで投げても同じところにコントロールすることができない」といい「大きさも、ローリングスはどれも同じだったが、フランクリンは握った時に大きく感じるものと小さく感じるものがあり、ものによっては5グラムほどの違いがあると感じる。今年は投手にとって苦難の1年になるだろう」と分析する。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」