野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 中日
  • セ・リーグで唯一新人の1軍登録がない中日 ドラ1根尾&ドラ2梅津の現在地は?

セ・リーグで唯一新人の1軍登録がない中日 ドラ1根尾&ドラ2梅津の現在地は?

今年もルーキーが躍動している。巨人の高橋優貴は3勝をあげ、DeNAの大貫晋一は2勝をマーク。広島の島内颯太郎は開幕1軍を掴み、ヤクルトの坂本光士郎もプロ初登板を経験。阪神の近本光司と木浪聖也はチームの主力として何度も勝利に貢献している。実はセ・リーグで中日だけが新人の1軍登録がない。期待の2人の現在地を探った。

中日・根尾昂【写真:福谷佑介】
中日・根尾昂【写真:福谷佑介】

根尾は2軍で打率.143「プロの変化球は受け身では打てないし、見極められない」

 今年もルーキーが躍動している。

【PR】6月25日まで加入後2か月無料キャンペーン中! ベースボール&スポーツを観るなら「DAZN」

 巨人の高橋優貴は3勝をあげ、DeNAの大貫晋一は2勝をマーク。広島の島内颯太郎は開幕1軍を掴み、ヤクルトの坂本光士郎もプロ初登板を経験。阪神の近本光司と木浪聖也はチームの主力として何度も勝利に貢献している。

 実はセ・リーグで中日だけが新人の1軍登録がない。期待の2人の現在地を探った。

 4月19日。ナゴヤ球場。19歳の誕生日を迎えたドラフト1位ルーキー根尾昂は左手人差し指に包帯を巻いていた。3日前に走者と交錯し、8針を縫う怪我をしていたのだ。

「もうすぐ抜糸できます。復帰は近いと思います」

 言葉通り、5月4日に実戦復帰した。ここまで28試合で打率.143。106打席で36個の三振を喫している。

「山岡(泰輔)さんのスライダーには驚きました」

 オリックスの開幕投手が調整登板した3月15日。根尾の公式戦第1打席は見逃し三振だった。最後のスライダーに手も足も出なかった。

「コーチの方からも言われているのですが、プロの変化球は受け身では打てないし、見極められない。必ず打ちに行かないと。今は対応できず、悔しいです」

 唇を噛む根尾の目には闘志が宿っていた。この「打ちに行って見極めること」が体得できず、三振の山を築いている。石井昭男2軍打撃コーチに現状を聞いた。

「マシン打撃は文句なし。ストライクばかりだから、全て自分のポイントで打てる。長所はインパクトの強さ。打球音が全然違う」と目を細める。

 一方で、課題もある。

「試合ではボール球が来る。すると、当然、見逃す。今はその見逃し方が問題。打ちに行って、見逃さないと」

 根尾の言葉と一致する。選手と首脳陣は同じ理解で同じ方向を向いている。

「飛んでいる鳥を目と顔で追ったら、絶対に撃てない。目は動かしても顔は動かさず、ここに来ると狙いを定めて撃たないと。ボールもキャッチャーミットに到着するまで顔ごと追ってはダメ。打ちに行って自分のポイントに来るかどうか判断する。来たら、振る。来ないと思ったら、やめる」

 餅つきにも例えた。

「杵で餅をつこうとする。臼の横にいる人の手が出てきたら、パッとやめる。その感覚。杵を持ったまま、つきに行かず、ずっと手を見ていたら、絶対に餅はつけない」

 解決方法を明示した。

「始動を早くして、ボールを見る時間を長くとって、打ちに行く」

 偉大な打者を引き合いに解説を続ける。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」