野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「漁師か消防に」「もう野球をやりたくない」西武ドラ7が一度は諦めたプロへの夢

昨シーズン、10年ぶりにパ・リーグ制覇を果たした埼玉西武ライオンズ。しかし、惜しくもクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージでソフトバンクに敗れ、日本シリーズ進出を逃した。今シーズンはその悔しさを晴らす戦いが期待される。

西武・佐藤龍世【写真:篠崎有理枝】
西武・佐藤龍世【写真:篠崎有理枝】

北海高を卒業し「漁師か消防の仕事に就くことを考えていました」

 昨シーズン、10年ぶりにパ・リーグ制覇を果たした埼玉西武ライオンズ。しかし、惜しくもクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージでソフトバンクに敗れ、日本シリーズ進出を逃した。今シーズンはその悔しさを晴らす戦いが期待される。

 そんなチームに今年、新たに戦力として加わったルーキー達を紹介していく。第1回目は、ドラフト7位で入団した佐藤龍世内野手だ。

 佐藤龍は北海道厚岸町出身。高校は、夏の甲子園全国最多の38回出場を誇る名門、北海高に進学した。厚岸から札幌にある北海高に進学する際、カキ漁を営む両親からは「ちゃんと野球に取り組まないなら、厚岸の高校に進学して漁師になれ」と言われたそうだ。

「野球をやりたかったし、中学生の時に肘を壊して野球ができなくなった父も、自分に野球をやらせたかったと思います。札幌では下宿生活になりましたが、覚悟を決めて進学しました」

 北海高では4番を担ったが、春夏ともに一度も甲子園出場を果たすことができず、2年夏、3年夏は地方大会予選初戦敗退に終わった。この結果に、卒業後は野球を辞めて厚岸に戻ることを考えた。

「僕たちの代だけ3年間、甲子園に出場できませんでした。あんなにきつい練習をしたのに、全く報われない。もう野球をやりたくないと思いました。父親が消防の仕事と漁師を掛け持ちしていたので消防からの話もあり、厚岸に帰って漁師か消防の仕事に就くことを考えていました」

 そんな佐藤龍を引き留めたのは、北海高の監督だった。「野球を続けろ」と説得し、のちにチームメートになる多和田真三郎投手、山川穂高内野手、外崎修汰内野手らを輩出した富士大への入学を勧めた。

「監督に『辞めたい』と言ったら怒られました。両親は『中途半端な気持ちでやるなら、大学に進学せず、厚岸に戻って漁師をやれ。大学に進学するなら、プロを目指して4年間野球に取り組め。本気でやるなら自分たちも応援する』といって背中を押してくれました」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」